ダメ男&不倫リピートの背景には「毒母」がいた…トラウマを克服するには?~その1~

ダメ男&不倫リピートの背景には「毒母」がいた…トラウマを克服するには?~その1~

500人以上の女性の仕事と恋を幸せに導いてきたキャリアコンサルタント・小川健次が、堅実女子の皆さんの人生を上方修正する、ちょっとしたコツをお教えする連載です。

今回は、母親に支配されてきたため恋愛がイマイチパッとしないという森内明日香さん(仮名・28歳)が、毒母の支配から抜けるまでのお話を紹介します。

完全無欠な優等生はダメ男と不倫が好き

大手電機メーカーの企画研究部門で働く森内明日香さん(仮名・28歳)は、半年前に不倫相手との関係を清算し、新しい恋愛をしたいと思っていますが、なかなか思うようにうまくいきません。

明日香さんは都内の有名私大を卒業して就職しており、成績優秀な優等生として生きてきました。

しかし、好きになるのは優等生とは真逆の人々。学生時代の4年間ずっと付き合っていた彼は、同じ大学の同級生でしたが、やがてギャンブルにハマり中退。その後、怪しげな仲間とつるんでは、おかしなビジネスに関わっていたようです。

明日香さんが社会人になってから忙しくなったこともあり、そのまま疎遠になって、ほぼ自然消滅のような形で終了。

その後、仕事に追われ多忙な毎日だったこともあり、恋愛に対して無関心でした。しかし25歳の頃に、当時の上司だった30代後半の既婚者と、誘われるがまま不倫関係に。

その後、上司の異動によって、一時的に関係が途絶えつつも、なんとなく3年近くも継続していた不倫でしたが、ある出来事がきっかけで、関係の清算を決意することにしたのです。

その出来事とは、明日香さんの母親が亡くなってしまったこと。友達との旅行中に、交通事故に巻き込まれ、あっという間に命を落としてしまったそうです。

実は明日香さんにとって、不倫の恋は母親に対しての小さな反抗でもあったのです。そして、それは学生時代の彼との恋愛も同じでした。そんな明日香さんにとって、母親が亡くなった時点で、不倫を継続する意味が無くなったのでした

母親が亡くなって考え方が変わる

1 2
恋愛運 貧困女子 結婚 アラサー その1 浮気 恋愛 美人探偵 浮気事件簿 不倫 アプリ マッチングアプリ 婚活 アラフォー 金運 恋愛講座 セカンド 占い 運勢 キャリア
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。