【ビジネス女子マナーQ&A】働かない同僚にイライラ…ちゃんと仕事をしてもらうために同僚としてできることは?

【ビジネス女子マナーQ&A】働かない同僚にイライラ…ちゃんと仕事をしてもらうために同僚としてできることは?

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は片山泉さん(仮名・営業・32歳)からの質問です。

「同僚と一緒に進めている仕事があります。でも、その子がぜんぜん働かないんです。私と彼女宛てになっているメールにも返信しないし、トイレだったり喫煙だったりで何度も席をはずします。席にいないので、上司からの細かい質問に答えなくてはいけないのはいつも私。そのせいで集中力が切られてしまうし、別の確認作業までやらなければいけなくなったりして、仕事自体も進みません。彼女のせいで……と腹がたちます。働かない同僚と一緒に進める仕事があるとき、どう指示すればちゃんと働いてくれるものなのでしょうか?」

自分は一生懸命やっているのに、足を引っ張られて成果が上がらないというのは、仕事のモチベーションが下がるだけでなく、ストレスになってしまいます。こういった場合、どうしたらいいでしょうか。鈴木真理子さんに聞いてみましょう。

☆☆☆

ペアで仕事をする形態は今後増えていく

営業やPR業務など、ペアを組んでひとつの仕事に取り組んでいる人は少なくないでしょう。相手がアシスタントであれば、指示をするのもあなたの仕事のひとつですが、同等、あるいは相手のほうが年齢や社歴、経験値がちょっと上とかいう場合はやりにくさを感じてしまうことでしょう。

ペアで仕事をすることにもメリットはあります。

たとえば、ひとりで仕事を抱えていれば、休みも取れなくなってしまいます。ペアを組んでいれば、片方がお休みしても仕事は止まることなく回りますよね。そうすれば、「仕事があるから休めない」というプレッシャーは軽減されるでしょう。また、お互いがお互いの仕事ぶりを把握できるというのも、競争心を高める要素となるといえます。

しかし相談者さんのケースのように、「他の人がやってくれるから自分は働かない」という人は必ず出てきます。そして、苦手な人と組んでしまうと、コミュニケーションが取れずに働いている人の方まで業務効率が下がってしまうというデメリットも指摘されています。

ジョブ・シェアリングという言葉が話題になったことがありましたね。勤務を複数人で分割し、短時間勤務で働ける人を増やすという雇用形態です。働き方の多様化、国の政策として女性の社会進出が奨励されるなか、誰かと一緒に同じ仕事をするという形態が増えていくと考えると、こういった悩みの解決策は重要でしょう。

1 2
貧困女子 金運 セカンド 浮気事件簿 恋愛 アラフォー 浮気 恋愛運 婚活 アプリ アラサー 美人探偵 不倫 運勢 恋愛講座 時短 派遣 結婚 iPhone 占い
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!