絶対ムリ! そんな時に役立つ、仕事の断り方

いつも仕事がキャパオーバーになり、同僚に迷惑をかけてしまいます。正しい防止策を教えてください。はるかさん(28歳・マスコミ関連会社勤務)

キャパオーバーになってしまう自分に自己嫌悪になり、この立ち直りに時間がかかります。本当にできなくても、つい受けてしまう仕事、その断り方が知りたいです。

Aときには“できない”と言ってみることもアリ。ただし、言い方に気を付けて!

 はるかさんは責任感のある人ではありませんか?「NO」と言えないことで、あれこれと引き受けてしまい、パンクしてしまう。締め切り間際になって“間に合いません”と言う人……特に女性に多いのです。

 

 これは、私が多くの管理職の方から実際に聞いている現状でもあります。管理職の方も、責任感が強いことがわかっているだけに、サポートを付けることもできず、“今回は期日内にやるだろう”という希望的観測を持ちながら“やっぱりダメだったか”と思うことが多いと聞きます。

 他にも、時間がないために、明らかな“やっつけ仕事”だったり“ミスの多発”なども起こっていることも。“いい状態で仕事ができる自分でいるための状況”を整えるのも、仕事のうちです。オーバーワーク→仕事の質低下の回避方法はたったひとつ。“断る”ことです。

 

もちろん、仕事ですから指示を受けるのは原則ですが、できるかどうか不安なときは、今抱えている仕事の状況を正直に話し、断ることが大切です。

仕事を受けて“やっぱりできませんでした”は、あなた自身の信用を下げてしまうだけでなく、指名してくれた人に迷惑をかけてしまう可能性も。

 mana3

1 2
不倫 アラフォー セカンド 運勢 占い 貧困女子 金運 美人探偵 時短 その1 キャリア 浮気事件簿 結婚 浮気 婚活 恋愛 アプリ 恋愛講座 アラサー 恋愛運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。