【ビジネス女子マナーQ&A】職場の出産祝いはいつ、どのタイミングで贈るべき?上司・部下などの予算の相場は?

【ビジネス女子マナーQ&A】職場の出産祝いはいつ、どのタイミングで贈るべき?上司・部下などの予算の相場は?

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は水木麻耶さん(仮名・メーカー勤務・34歳)からの質問です。

「同僚が次々結婚して妊娠し始めたと思ったら、ついに部下まで妊娠して、私の周りでは出産ラッシュになっています。出産後に育児休暇を取る予定の子もいますが、出産直前まで働いて退社する人もいます。そういった場合、出産祝いってどうするのでしょうか。みんなでお金を出し合って、ベビー服でも購入しようかという話も出ています。何が喜ばれるのか、贈るタイミングやNGがあれば教えてください」

出産祝いとは、文字通り出産のお祝い。もともとは夫の家に嫁いだ妻の実家が、生まれた子供がお宮参りに着ていく服を贈ったしきたりのようです。今でも、お宮参りの衣装は妻の実家が用意するという家が多いですよね。親や親族は出産祝いに現金を贈ったりすることもありますが、職場の出産祝いといえば、お誕生日や結婚式のお祝いのようにギフトを贈るのが一般的です。しかし、そこにもマナーが必要です。出産直後の女性はナーバスになっていることもあり、不用意な態度は傷つけてしまう要因にも。そこで今回は、贈るタイミングやギフトの選択などを含め、職場の出産祝いに関するマナーを鈴木真理子さんに伺ってみましょう。

☆☆☆

出産祝いは生まれてから送るもの

まず、出産祝いを贈るタイミングですが、これは「生まれてから」です。最近では、臨月の妊婦さんをお友達などでお祝いするベビーシャワーが流行っていて、そこで生まれてくるお子さんのためにとグッズをプレゼントされたりということが多いようですが、これらは出産祝いとは言いませんし、出産祝いだと思っていたらマナー違反です。

出産前にお祝いするのはかまいませんが、出産祝いは、母子の健康を確認した上で送るのが常識。出産が終わってからというのが、正しいタイミングです。またお祝いは、出産後7日の「お七夜」の日から1か月後の「お宮参り」の時期がベストと言われています。個人で送る場合には、先方の内祝い(出産祝いをいただいた人にも送るギフト)の用意もありますので、早めは早めがいいとされていますが、基本的に予備を用意していることが多いので焦ることもないでしょう。

また、出産後とくに初めての出産直後は、気持ち的にも物理的にも慌ただしく客人の対応も難しいことが多いでしょう。職場の人に複数人でお金を出し合ってギフトを購入するなどの場合には、たとえば出産入院の退院後の時期を聞き、お祝いの言葉をしたためたお手紙をそえてご自宅に送る、などでもマナー違反ではありません。むしろそのほうが、受け取った側も助かると思うケースも多いです。とくに男性社員にお子さんが生まれたという場合には、自分の子供を見せたくてお祝いにお伺いすることを喜んでいるのは夫だけ、ということも少なくありません。奥様の出産をねぎらう意味でも、あえてお邪魔せずにプレゼントのみ旦那様に渡すというのもマナーといえるでしょう。

1 2
婚活 キャリア 恋愛講座 結婚 セカンド 不倫 アプリ 金運 占い 恋愛運 運勢 アラフォー 浮気事件簿 その1 浮気 貧困女子 時短 恋愛 美人探偵 アラサー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。