【ビジネス女子マナーQ&A】アラフォーになり急激な体力の衰えを感じる…このまま50代、60代まで働く自信が無い!どうしたらいい?

【ビジネス女子マナーQ&A】アラフォーになり急激な体力の衰えを感じる…このまま50代、60代まで働く自信が無い!どうしたらいい?

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は橘理恵子さん(仮名・広告関連会社勤務・40歳)からの質問です。

「30代後半になって、どっと老化を感じています。昔のように仕事に意欲的になれないし、とにかく朝が辛い。なんならもう働きたくないとすら思ってしまいます。このまま50代、60代まで働かなければいけないかと思うと毎日憂鬱で、気力が湧きません。どうしたらいいのでしょうか?」

金融庁が発表した報告書を発端に騒動になった「老後に2000万円不足」問題。結局、老後資金として2000万円絶対に溜めなくてはいけないというわけでもない、という風潮にはなりましたが、それは「できるだけ長く働けば大丈夫」という前提。自転車操業ならやっていけるということです。この事実に、定年を迎え、悠々自適に年金生活を送っている大先輩や、週に数回短時間働くことを選び、会社に残っている方々を見て、「あんな風に過ごすまでにあと〇年……」と歯を食いしばってきた人ほど、「生きている間中ずっと、働かなければいけないのか」と呆然としてしまっているよう。

実際、発表された報告書のモデルとなっているのは、厚生年金を収めている高所得、かつ専業主婦をもつ世帯主とその妻という夫婦です。国民年金しか支払っていない人はもちろん、厚生年金が自動的に給与から差し引かれている会社員でも、現在の20代から40代は報告書モデルと同レベルの給与ではないーーつまり支払っている厚生年金も少ないので、給付される年金額も多くありません。働く人なら誰しも自覚していることですが、私たちの世代が年金だけで老後生活をカバーするのはムリなのです。でも、貯金もムリ……となると、相談者さんのように、「何もかもイヤになる」というケースもあるでしょう。こういうとき、どうしたらいいのでしょう。鈴木真理子さんに伺ってみましょう。

☆☆☆

20代と同じ働き方をできる人はいない

何歳のときに「どっと」老化を感じるかというのは、人によってそれぞれですが、年を経るごとに体力の衰えを感じるというのは、みんな同じです。そして、このまま元気に働き続けられるかなというのは、誰しもが思うことなのです。まずは、あなただけではないということを知り、安心してください。

かつて、プライベートや睡眠時間を削ってバリバリ働いていた人ほど、「昔はもっと働けたのに」とイキイキしていた時代を懐かしく思い返したり、「老けたなぁ」と自覚してしまうのかもしれませんね。相談者さんもきっと、仕事ができる優秀な仕事人人生を送ってきたのでしょう。

しかし、誰もが20代と同じ働き方はできません。そもそも仕事の内容が違いますね。また、なんでも教えてもらえ、ミスだって許してもらえたのは、未熟だったからこそ。キャリアを重ね、責任ある立場となれば、仕事への取組み方も当然変わってきます。体力の衰えだけでなく、学ぶべきものがないなど、気持ちの問題から本人が仕事に意欲がもてなくなってくるということもあるでしょう。それらは、仕事に対するご自身の過渡期であるととらえてみてはいかがでしょうか。

1 2
不倫 恋愛 アラフォー 浮気 恋愛講座 その1 アラサー 恋愛運 運勢 金運 セカンド 時短 美人探偵 婚活 結婚 浮気事件簿 貧困女子 キャリア アプリ 占い
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。