【ビジネス女子マナーQ&A】70歳まで定年延長なんてムリ……。もう働きたくないアラフォーがセミリタイアする方法は?

【ビジネス女子マナーQ&A】70歳まで定年延長なんてムリ……。もう働きたくないアラフォーがセミリタイアする方法は?

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は都田まりかさん(仮名・放送関連会社勤務・38歳)からの質問です。

「政府が、会社員が75歳まで働けるような取り組みを目指すというニュースを見ました。今、実家から1時間半かけて都内の会社で事務員として働いていますが、通勤電車は辛いし、あと3年くらいが限界……という感じです。とはいえ地元はお給料が安く、正社員は働き損の気がしてしまいますし、年齢的にも雇用が多いとはいえません。できれば、地元の会社で週4くらい派遣社員として働くか、短期の派遣バイトを年に数回して、あとは働かないというのが理想なんですが……。セミリタイアするために、今できることってなんでしょうか」

2018年10月に行なわれた未来投資会議で、議長である安倍総理は「70歳までの就業機会の確保を図り、高齢者の希望・特性に応じて多様な選択肢を許容する方向で検討したい」と表明しました。そして、2019年の5月には政府が、希望する高齢者が70歳まで働けるようにするための高年齢者雇用安定法改正案の骨格を発表。企業の選択肢として7項目を挙げ、企業は努力義務として、70歳まで定年を延長するだけでなく、他企業への再就職の実現や起業支援なども取り組まなければならないという流れに。ということは、一般的に70歳までは「働く」ということが「普通」の社会になるということ。そんな年まで働きたくないよ……という人には、ちょっと厳しい改革なのかもしれません。

人生100年といわれる現在、セミリタイアしたい……という人は、どのようにライフプランを組み立てていけばいいでしょうか。鈴木真理子さんに伺ってみましょう。

☆☆☆

働かなくても生きていく方法はある

さて、相談者さんは何のために働いているのでしょうか。生活費を稼ぐためでしょうか。確かに、生きていくにはお金が必要です。衣食住、自給自足で賄えない限り、購入しなければいけませんからね。でも逆に言えば、自給自足ができれば、お金がなくても生活できるということです。また、不動産収入や投資など、最近ではSNSで自分の生活を切り売りするなどで、いわゆる“不労所得”でお金を生んでいる人もいます。相談者さんは、“働く”ということが義務になってしまっているのではないでしょうか。

確かに日本の憲法では、国民の義務として、教育・労働・納税が掲げられています。憲法27条の1項、「すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。」という部分です。しかしこれは、労働を強制するというものではありません。国が社会保障する見返りとして仕事をし、納税してくださいというフィフティーフィフティーの関係を保つための約束事なのです。また、70歳までの定年延長にしても、「勤労の権利」として「働きたい人を受け入れる努力をしてください」ということです。働きたくない人を無理やり70歳まで働かせる、などということではないのです。一度きりの人生です。自分らしく、社会の一員として社会貢献しながら自分が心地いい生き方を選べばいいと思いますよ。

1 2
恋愛講座 不倫 美人探偵 アプリ 運勢 キャリア 浮気 恋愛運 金運 その1 占い 貧困女子 セカンド アラサー 婚活 結婚 アラフォー 浮気事件簿 時短 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。