根性論で仕事を押し付けてくる上司に辟易…どう対応するのが正しいマナー?

根性論で仕事を押し付けてくる上司に辟易…どう対応するのが正しいマナー?

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は黒川容子さん(仮名・IT関連会社勤務・29歳)からの質問です。

「いきなり上司から今日中にと頼まれたものが、キャパオーバーな仕事量だったので、“絶対今日中にやらなきゃいけないのはどれですか?”と聞いたら、“やろうとする気持ちをもて!”と怒鳴られました。そりゃ、連日早出して終電まで働いて自宅に持ち帰ればできますが、残業手当は見込み残業代としてお給料に組み込まれているし、そもそもこの根性論的な発想がムリ……。ちゃんと効率よく行ない、仕事は仕事として頑張りたいですが、プライベートまで奪われるのは本当に困ります。こういうとき、上司に対してどのように接するのが適切なんでしょうか」

仕事に根性論を持ち出す、すぐ怒鳴って威圧する……そんな上司のもとで働いていると精神的に参ってしまうだけでなく、自分の時間を搾取されてしまいます。短期間だけ、しかもきちんと相応の報酬が得られるのであれば、頑張る気にもなりますが、恒常的に続くならそれはもうブラック企業と言わざるを得ませんよね。どのように対応すればいいのでしょうか。鈴木真理子さんに聞いてみましょう。

☆☆☆

上司の威圧に飲まれないで!

根性論をぶつける、いわゆる昭和タイプの上司は今も健在です。従業員を酷使して仕事をまわしてきた、そしてそれでうまくいってきたという自負があるのかもしれません。しかし、たとえば夕方4時に今日中に終わらせるよう指示をだしてくるような上司は、段取りが悪い上司です。

そして、相談者さんは頑張り屋さんなのかもしれません。言われたら悔しくて、見返してやりたくて必死になって頑張って頼まれたことを終わらせてしまう……。相談者さんの上司は、部下のそういった性格を利用して、つけ込んでいるのかもしれません。もちろん、仕事を頑張るのはよいことです。しかし、相手に乗せられてしまっているのなら、これ以上上司を甘やかしてはいけませんね。

帰る時間を明確にしよう

政府の働き改革の旗振りもあり、今や残業することは美徳でもなんでもありません。部下に残業させる上司はマネジメント力不足です。相談者さんは、“絶対今日中にやらなきゃいけないのはどれですか?”と上司に尋ねたとのこと。これは正しい対応といえます。あなたは間違っていませんよ。

まず、帰る時間を明確に上司に伝えましょう。たとえば仕事を頼まれたら、「私、本日は18時で退社します。今、〇時(あるいは〇日)までの締め切りの業務を進めているのですが、どうしましょうか」というように聞き、todoリストや、パソコンのスケジューラーなどを見せながら、「どちらをやるべきか」を判断してもらいましょう。ちなみにtodoリストは、前日の退社前、あるいは当日の朝、作成しましょう。上司が管理しやすいように、自分がその日に何をするのかは共有しておくのがベストです。業務を計画を立ててやっていることが、だんだんとでも認識させられたら、無茶ぶりもなくなるのではないでしょうか。

1 2
その1 セカンド キャリア 結婚 婚活 アラフォー 貧困女子 恋愛運 仕事運 占い アプリ 金運 不倫 美人探偵 運勢 アラサー 恋愛 浮気 浮気事件簿 恋愛講座
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。