【ビジネス女子マナーQ&A】仲間だと思っていた同期入社の男性が上司に! これからどう接していけばいいの?

【ビジネス女子マナーQ&A】仲間だと思っていた同期入社の男性が上司に! これからどう接していけばいいの?

今回のビジネスマナーは、メーカー勤務の横田順子さん(仮名・37歳)から届いた相談です。

「同期入社の男性が、異動で私の上司になってしまいました。これまでずっと、仲間として頼ったり頼られたりしてきた間柄です。今後、どう接したらいいでしょうか」

同期入社の男性は、共に頑張ってきたからこその強い絆がありますよね。お互いの状況がわかるだけに、仕事についての悩みや愚痴などは、家族や恋人よりもわかってくれる、頼もしい存在。そんな相手が自分の上司になってしまったら、距離を感じてしまいますね。どう接したらいいのでしょう。さっそく鈴木真理子先生に聞いてみましょう。

☆☆☆

同期入社でも上司は上司。目上の人として接するのが基本

同期入社の男性が上司になってしまったというケースは、40歳が近づくと、あるあるパターンのひとつです。
相手とは仲良しでタメ語の関係。会社の愚痴や不満も聞いてもらっていた間柄なのに、いきなり上司になってしまった……。そんなときは、あなたは部下のひとりとして、彼の下で仕事をしなければいけません。

また、報連相もしっかり。ご存知だと思いますが、報告、連絡、相談です。きっと、彼もそれを望んでいます。率先して、声掛けをしてあげてましょう。

3つの中でも、とくに相談が肝心。チームの中で、あなたが困ることもあれば、彼が困る場合もあるでしょう。
信頼関係ある同期入社だからこそ、他の人では言いにくいことも、あなたなら言えるというシチュエーションもあるはずです。
彼がいちばん頼りにするのは、気持ちが通じ合っている、あなたですよ。

1 2
仕事 占い 美人探偵 恋愛 結婚 アプリ アラフォー 金運 iPhone 浮気事件簿 レシピ 時短 派遣女子 ダイエット アラサー CITRUS 恋愛講座 婚活 派遣 貧困女子
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!