【ビジネス女子マナーQ&A】夏の有給休暇取得。自分が休みたい日に上手に休む方法は?

【ビジネス女子マナーQ&A】夏の有給休暇取得。自分が休みたい日に上手に休む方法は?

今回のビジネス女子マナーは、医薬品関連会社勤務の須藤京子さん(仮名・27歳)からの相談です。

「この春に転職して、はじめての夏を迎えます。ここの会社は決められた夏季休業がなく、お盆の頃の土日に合わせて、前後に有給休暇をくっけて連休にするスタイルが通例のようです。
どうせなら自分が休みたいところを設定したいのですが、新人なので目立つような行動はとりたくありません。どうしたら、嫌われずに自分の好きなところで休めるでしょうか」

鈴木先生に聞いてみましょう。

☆☆☆

夏休み取得は早い者勝ち。立場順というルールはない

全社員一斉の休業が決められている企業は別として、個々の判断で有給休暇を使う場合、夏休みはある意味、先着順です。上司が一番に決めてスケジュールを確保し、次にベテランの先輩が決めてから、空いている日の中で若手社員が決めるーーなんてルールのある職場は、あまり聞いたことがありません。

だから、急ぎましょう。職場の繁忙期は出勤するようにして、あとは他人と休みが重ならなければ基本的にOKです。

相談ベースで先輩に報告すると好印象

おおよその日程を決めたら、まずは先輩に打診しましょう。相談ベースで聞くと、先輩も気分がよいものです。

まず、「〇〇先輩はいつ頃夏休みを取るんですか」とさりげなくリサーチ。そのあとで、「私はこのあたりで休みたいと思っているのですが……」と伝えましょう。

「どうぞ、先に決めていいわよ」などと言われたら、上司にも「この期間で夏休みを取りたいのですが」と相談するのがおすすめです。
100%自分で決めてから報告するのと、相談するのとでは与える印象がまるで違います。

1 2
アラサー 貧困女子 占い CITRUS iPhone 恋愛 ダイエット 時短 婚活 結婚 レシピ 派遣 デート 浮気事件簿 金運 アプリ 仕事 美人探偵 アラフォー 派遣女子
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!