【ビジネス女子マナーQ&A】比べられても困ります!「自分には無理」完璧ワーキングマザーの上司の下で働くのが辛い

【ビジネス女子マナーQ&A】比べられても困ります!「自分には無理」完璧ワーキングマザーの上司の下で働くのが辛い

今回のビジネス女子マナーは、電気メーカー勤務の南園りえこさん(仮名・29歳)からの相談です。

「仕事も子育ても完璧!な女性管理職の上司がいます。本人のことは偉いと思うし、尊敬もしています。でも私はそのポジションに憧れないし、自分の精神とプライベートを削って成立している、彼女のような生活はしたくないと思っています。でも男性を含め、周囲は彼女のことをすごく評価していて……。比較されてすごくイヤです。彼女から要求されることも多くて……。うんざりです。どうしたらいいでしょうか」

ワークライフバランスという言葉が一般化し、働き方も多様化する中、「すごく仕事ができる人」「寝ないで問題を解決する人」がいる一方で、その人たちと比べられて「自分らしく働けない」という悩みを抱えている人も少なくありません。

相談者さんのように、その相手が上司という立場で、直接関わらなければいけない場合、どうしたらいいのでしょうか。鈴木真理子さんに伺ってみましょう。

☆☆☆

「コツコツキャリア」を選ぶ道もあり

仕事のできない上司に困っている働き女子も少なくありませんが、相談者さんのように「できすぎる女性上司」に不満を感じている人も多いようです。

結婚、出産によって、女性がキャリアを失わない社会に向かっているのは意義のあることです。今まで、苦しんできた女性の救済になります。最近では一般職で入社しても、途中で総合職に転換する人も多くいます。ある企業では、入社時、一般職だった人の30%が総合職に転換したという事例もあるほどです。

しかし、それを奨励する風潮を息苦しく感じている人がいるのも、また事実です。それでは、ただ「働きにくさ」のベクトルが変わっただけですよね。「働き方の自由化」にはほど遠いでしょう。

私自身、一般職のまま退職まで勤め続けたので、相談者さんがモヤモヤする気持ちがわかります。その上で、私は全員が全員スーパーキャリアウーマンを目指さなくてもいいと思います。

私が企業で一般職の研修を担当するときには、「一般職のままでいるのも立派なキャリア」であると話しています。新時代の女性像として、キャリア志向の人が取りざたされやすいですが、「コツコツキャリア」を選ぶ道だってあるのです。

一般職やアシスタントなど、「縁の下の力持ち」は組織に欠かせない存在です。どうか、自分のポジションに自信をもってください。

1 2
結婚 iPhone 貧困女子 ダイエット アプリ 恋愛 婚活 浮気事件簿 恋愛講座 美人探偵 アラフォー 占い 運勢 時短 派遣 CITRUS 不倫 金運 アラサー 派遣女子
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!