【ビジネス女子マナーQ&A】バレンタインの社内義理チョコは禁止ですが……、本命だったらあげてもいいの?

【ビジネス女子マナーQ&A】バレンタインの社内義理チョコは禁止ですが……、本命だったらあげてもいいの?

今回のビジネス女子マナーは、PR会社勤務の横川じゅんさん(仮名・26歳)からの相談です。

「うちの会社では、社内での義理チョコ配りが禁止になっています。クライアント先にも、女性だけがチョコレートを配るというのはどうなんだという意見や、自腹購入は不公平だから経費に計上すべきという意見などがでて、結局配らないことになりました。

でも私には、社内にチョコレートを渡したい人がいます。当日って、バレンタインデーに手ぶらでクライアント先をまわるのも気が引けるせいか、けっこう社内で事務作業をする人が多いし、渡すタイミングとしてはチャンスが多いと思っています。ただ、社内で禁止されていることだし……と思って、どうしようかと悩んでいます。本命だったら、チョコレートをあげても問題にならないのでしょうか。教えてください」

バレンタインデーは、1年の中で、最も好きな相手に告白しやすい日。義理チョコOKの場合は、配りまくるなかで、こっそりと「あなただけは特別です♥」なんて、あざとかわいいこともできるわけですが……。禁を破ってまでとなると、相手にとって重すぎる!?と、片思いならなおさら不安に思ってしまいますよね。こういう場合、どうしたらいいのでしょうか。そもそも、義理チョコ禁止と明文化されている中で、チョコを会社に持っていくと、問題になったりするのでしょうか。鈴木真理子さんに伺ってみましょう。

☆☆☆

虚礼廃止の一環で義理チョコ禁止の会社が急増

社員間のお歳暮やお中元などの贈答を「虚礼」として、廃止している会社は少なくありません。互いの感謝の気持ちは大切ですが、それが形だけになってしまっているのであれば、単に負担になるだけですね。業務の効率化には無縁と考えるのも頷ける話です。また、金銭的にも、社員の負担になりますね。

そして、その一環として、義理チョコも禁止という会社も増えています。相談者さんのお手紙の中にもあるように、義理チョコは女性が男性に配るものといった認識が強くありますから、「なぜ女性だけが」という考えは、現代の世相にのっとっているともいえます。では、「男性も義理チョコを配ればいい」かというと、それもまた違うような……となる。学生時代は、ドキドキ楽しいイベントだったバレンタインも、社会人ともなると、ちょっと複雑になってきますね。

本命チョコはあげてOKだが「こっそりと」

でも、禁止されているのは、「虚礼」としての義理チョコです。本命チョコを好きな人にあげるかどうかというのは、個人の自由。なので、迷ったらあげちゃってはいかがでしょうか?
ただ、上司や同僚に見られると、「何やってるの?」とお咎めされるかもしれません。会社は本来、仕事をする場所であって、恋愛する場所ではないからです。なので、こっそりと、がよいでしょう。

それよりも、気にすべきは相手である彼のことです。もし彼の上司や同僚に知られたら……。どうなるでしょうか。

あなたに一方的に好かれただけなのに、好奇な目で見られたり、社内恋愛だと噂されたりしては困りますね。
あなたとしても、大好きな彼が不利な状況に陥るのは、本意ではないでしょう。堅実女子としてありえませんので、慎重に考えて行動したいですね。

1 2
浮気事件簿 恋愛運 美人探偵 その1 不倫 アプリ 時短 アラフォー キャリア セカンド 浮気 恋愛 恋愛講座 アラサー 婚活 金運 貧困女子 占い 結婚 運勢
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。