【ビジネス女子マナーQ&A】コンプライアンスって日本語で書ける?正しく意味は言える?知らないと恥をかくビジネス用語の意味と使い方

【ビジネス女子マナーQ&A】コンプライアンスって日本語で書ける?正しく意味は言える?知らないと恥をかくビジネス用語の意味と使い方

今回のビジネス女子マナーは、坂野あすかさん(仮名・28歳)からの質問です。

「IT関連会社に勤めています。社内でもそうですが、社外の方とやりとりする際のメールなどで、たとえば、リテンション(顧客維持)、トラフィック(総アクセス量)などカタカナ用語を使う時、“日本語のほうが伝わるのでは……”という気持ちになることが多々あります。でも、他の人が普通に使っている言葉をわざわざ日本語に変えるのも嫌味な感じ?と思うこともあり戸惑います。マナーとしてどう考えたらいいのでしょうか。教えてください

いわゆる業界用語だけでなく、コンプライアンスなど、英語のほうが耳にする機会が多い言葉も多々あります。賢いビジネスウーマンとして、これらの言葉をどのように使いこなしていけばいいのでしょうか。鈴木真理子さんに伺ってみましょう。

☆☆☆

ビジネスでは「相手にきちんと伝わる」ことが最優先

英語やカタカナの言葉、略語などを使うと、一見、仕事ができる風なイメージにもなりますよね。自分の格を高めたり、尊敬されたいが故に、わざと難しい言葉を選ぶ人もいたりして。でも、相談者さんのおっしゃる通り、ビジネスのやりとりでは、「相手にきちんと伝わる」ことが大切です。

すべてを日本語にしなければいけないというわけではありません。ただし、難しい言葉や硬い言い回し、専門用語や業界用語、そしてカタカナ言葉については、いつでも「読み手が理解できる言葉」に臨機応変に言い換えられる人が優秀といえます。

コンプライアンスの意味は?日本語で言うと?

たとえば、「コンプライアンス」。ニュースの報道などでもよく耳にすると思いますし、企業でもコンプライアンスについて、レクチャーやセミナーを開催しているところも増えています。コンプライアンスの意味をデジタル大辞泉で引くと、

1.要求や命令への服従。

(ア)法令遵守。特に、企業がルールに従って公正・公平に業務を遂行すること。
(イ)服薬遵守。処方された薬を指示どおりに服用すること。

とあります。ビジネスで使うコンプライアンスは(ア)ですね。法令遵守。読めますか 遵守はじゅんしゅと読みます。難しいですね。遵守は、デジタル大辞泉に

法律や道徳・習慣を守り、従うこと。

とあります。つまり「ちゃんとする」ということですが、法令遵守という言葉自体が「硬い言い回し」です。コンプライアンスのほうが通りがいい、というのも理解できるのではないでしょうか。ただ、当然意味は知っている、という状態にしておきたいですよね。

では、コンプライアンス違反となるのはどのような行為でしょうか。企業でいうと、産地偽装や粉飾決算、インサイダー取引や談合など、いわゆる不正、問題行為です。また、社員の過労死や賃金未払いもコンプライアンス違反となります。

一方、社員でいうと、セクハラ、パワハラ、横領や機密情報の流出など。SNSの個人アカウントで会社が公表していないことを発信するのもコンプライアンス違反となります。「コンプライアンス意識をもって行動すべし」といったことを社内でも言われているかもしれませんが、コンプライアンスが何なのか、何が違反となるのか、きちんと理解していないと行動も伴いませんね。「なんとなく知っている……」が、いちばん危ういのだと心してくださいね。

1 2
アプリ アラサー 恋愛 iPhone 貧困女子 時短 アラフォー 運勢 婚活 恋愛運 浮気事件簿 占い 不倫 金運 派遣 美人探偵 セカンド 派遣女子 恋愛講座 結婚
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!