【ビジネス女子マナーQ&A】残業しない同僚のせいで私の仕事がさらに増える…定時に帰ってしまう同僚とうまくやっていくにはどうしたらいい?

【ビジネス女子マナーQ&A】残業しない同僚のせいで私の仕事がさらに増える…定時に帰ってしまう同僚とうまくやっていくにはどうしたらいい?

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は香山恵美子さん(仮名・営業事務・33歳)からの質問です。

「仕事ができないし、やる気もない同僚が私に残業を押し付けて自分は定時に帰ってしまいます。“私がいても役に立たないし、いるだけで残業代かかっちゃうから、会社にも迷惑でしょ?”と言われれば確かにそうなんですが、なんだか腑に落ちません。ズルいと思ってしまいます。やはり、一緒に残って仕事を終わらせるのが筋ですよね?」

12月の3連休も終わり、年度末に向かって仕事がバタバタ……という働く女性も激増中。そんな中、定時でサラリと退社する同僚がいるとイラっとしてしまうという相談です。こういうケースでは、どうするのが正解なのでしょうか。鈴木真理子さんに聞いてみましょう。

☆☆☆

「定時で終わらなければ残業すればいい」という考えを改めよう

定時なのですから、帰れる人は帰るべきです。相談者さんは、「一緒に残業させるにはどうしたらいいか」ではなく、「その人も帰して、自分も帰るにはどうしたらいいか」を考えるべきです。

日本の場合、作業を納期までに完了させるために人材を充てる、という「仕事に人を充てる」という方法よりも、「人」ありきで「手が空いている人に仕事を渡す」という「人に仕事を充てる」方法が取られているケースがまだまだ多いです。そのため、「終われば新しい仕事が増える」という“仕事が終わらない”スパイラルが発生しがち。残業もそのひとつといえます。しかし、「定時で終わらなければ残業すればいい」という発想が働く人たちの中にある限り、仕事の絶対量の見直しは進みませんし、長時間労働はなくなりません。

相談者さんは、どうでしょうか。「定時で終わらなければ残業すればいい」と思っていませんでしたか?  景気がよかった1980年代ごろから十数年は「24時間、働けますか」なんていうCMのコピーがあったりして、長時間労働が美徳のように扱われていたこともありました。しかし今は、定時内に終わらせなければ評価が下がります。相談者さんは同僚の仕事を残業してまでやっているようですが、結果、同僚の方は定時で帰り、自分が担当している仕事は(あなたの残業によって)終わっている。となれば、その人の評価が上がってしまいます。それこそ、大損ではないでしょうか。

1 2
不倫 美人探偵 婚活 派遣 iPhone 恋愛講座 アプリ 恋愛 時短 恋愛運 運勢 金運 アラフォー 占い 結婚 浮気 貧困女子 アラサー 浮気事件簿 セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。