【その薬、本当に必要?】第2世代抗ヒスタミン薬で花粉症をラクにする方法

【その薬、本当に必要?】第2世代抗ヒスタミン薬で花粉症をラクにする方法

ドラッグストアで花粉症向けのお薬が目立つ季節になりました。首都圏の花粉飛散開始は2月上旬と予想されています。毎年繰り返す花粉症、今年こそ改善したい、ラクしたい!お薬の効果的な使い方を宇多川先生に教えてもらいました。

第2世代抗ヒスタミン薬を花粉飛散前から服用

昨年の夏は暑かったから今年の花粉は昨季より多め……という予想も出ています。スギの木が生い茂り、花粉飛散量はずっと右肩上がり。今後も増えることが予想されます。となると、花粉症とのおつきあいも長〜い目で見ないといけませんね。

そもそも花粉症とは免疫の過剰反応によって生じる症状です。花粉を異物ととらえ、それを体から排除するために鼻水や鼻づまり、涙目、くしゃみなどの症状が現れます。見方を変えれば、免疫が正常に機能にしている証拠です。高齢者に花粉症の人が少ないのは、免疫が花粉に反応しなくなるからです。ですから、花粉症を単にやっかいな“病気”と思わず、今年も免疫が働いているなと思ってください。

とはいっても、症状のつらさはあまり変わらないでしょう。がまんできるものでもありませんので、正しいお薬を使いましょう。

鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどのアレルギー症状を引き起こす原因は、ヒスタミンという物質です。花粉などの異物を感知するとヒスタミンが放出され、アレルギー症状が現れるのです。このアレルギー症状を抑える薬が「抗ヒスタミン薬」です。

現在では「第2世代抗ヒスタミン薬」と呼ばれる薬が主流です。第1世代の抗ヒスタミン薬は即効性はあるものの、眠気が出るのが難でしたが、第2世代はその点が改良されました。即効性は第1世代ほど高くありませんが、持続性が高い。そのため1日1回か2回、服用すればいいのです。

また、第2世代抗ヒスタミン薬はアレルギー症状をブロックするだけでなく、もともとヒスタミンが放出されないようにする作用もあります。そのため、花粉症が出る1〜2週間前から服用を始めると花粉症がラクになる可能性があります

首都圏なら、例年2月上旬から花粉が飛び始めますから1月下旬から抗ヒスタミン薬を服用するといいでしょう。

効き目がイマイチなら他の第2世代にチェンジしてみる

この季節、テレビCMがガンガン流れますが、ドラッグストアにズラッと並ぶのは「アレグラ」「アレジオン」「クラリチン」といったところでしょうか。いずれも第2世代抗ヒスタミン薬です。

1 2
時短 金運 派遣 iPhone 浮気事件簿 結婚 運勢 恋愛運 セカンド 不倫 アラフォー 貧困女子 占い アプリ 浮気 婚活 美人探偵 アラサー 恋愛 恋愛講座
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。