【その薬、本当に必要?】女性に多い手湿疹、市販の薬で対策できますか?

【その薬、本当に必要?】女性に多い手湿疹、市販の薬で対策できますか?

冬場の手荒れ。ハンドクリームで対応できるものはいいのですが、かゆみを伴う手荒れにはどう対処したらよいでしょうか? 

洗剤の刺激に注意!

手湿疹や手荒れの原因はいろいろですが、特に日常的に水仕事をする主婦や調理師、美容師に多く見られます。水だけでなく、多量の洗剤に触れるため、皮膚をバリアする皮脂が流れ落ちてしまいます。さらに冬は乾燥しているため、皮脂が十分に補給されなくなり、手荒れがひどくなります。

対策としては、なるべく水や洗剤に触れないようにするのが基本ですが、そうも言っていられないでしょう。洗い物をするときにゴム手袋をするのもいいと思います。中にはゴム手袋の内側のパウダーが、また肌への刺激になってしまうものもあります。もっとも最近は、そうした手荒れの原因になる素材を使用しないゴム手袋や、使い捨てのゴム手袋が安価になって入手しやすくなっています。

しかし美容師さんなど仕事柄、ゴム手袋が使えない方もいるでしょう。かゆみが出た場合、早めにかゆみ止めを塗って対処しましょう。かゆみを放置しておくと、炎症を悪化させることになります。ひっかくことで皮膚にキズができ、そこからバイ菌が入るおそれもあります。

冬場は頭皮にかゆみが出ることもあります。この要因も乾燥が考えられます。こういうとき、シャンプーをいつもより念入りにするのは逆効果。むしろ、シャンプーやトリートメントによって頭皮の皮脂が流れすぎている可能性もあります。かゆみが出たときは、洗いすぎない。むしろ大切なのは保湿です。

ステロイドが配合された市販薬も

かゆみ止め薬には、一般的な「かゆみ止め」をおすすめします。一般的な成分というのは、抗ヒスタミン剤(ジフェンヒドラミン塩酸塩、クロルフェニラミン)、局所麻酔成分(リドカイン)、そのほかクロタミトン、グリチルリチン酸などのことです。

ドラッグストアには手湿疹用のかゆみ止めが見られます。その中にはステロイド剤が配合されたお薬もあります。市販薬に配合されているステロイド成分は効き目の穏やかなもので、たとえば「ブレドニゾロン」という成分をよく見ます。

これらの市販薬の包装に「アンテドラッグ」と表記されているものがあります。アンテドラッグとは「特定の部位でのみ強く作用し、体内に吸収されることで急速に不活性化し、効果を失う薬剤。薬の元々持っている副作用の予防を目的に開発された薬」のこと。ステロイドもそのひとつです。

ただ、ステロイド剤配合の市販薬を使わなくてはならないほどの症状なら、お医者さんに診てもらったほうがいいでしょう。ステロイドの薬効レベルはウィークからストロングまであり、症状に合ったステロイドを処方してもらうことができます。

1 2
運勢 恋愛運 アラフォー 不倫 浮気 美人探偵 アプリ 占い セカンド 時短 貧困女子 金運 結婚 派遣 恋愛 浮気事件簿 恋愛講座 アラサー 婚活 iPhone
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。