【その薬、本当に必要?】睡眠薬を使うときに絶対守ってほしいこと

【その薬、本当に必要?】睡眠薬を使うときに絶対守ってほしいこと

「眠れない夜が2週間以上もつづく」「体力的にもきついし、気分も落ち込み、うつのような状態になる」。人知れずこんな悩みを抱えている人は少なくありません。前回につづき、睡眠導入剤・睡眠薬の使い方、注意点を宇多川久美子先生にレクチャーしてもらいました。

睡眠導入剤にも副作用はある

睡眠薬と聞くとなんとなくこわい……というイメージをお持ちの方は多いと思います。でも具体的に何が?というと漠然としていませんか?

作用時間の短いタイプ(3〜4時間の超短時間型/5〜6時間の短時間型)の睡眠薬には、薬の急激な作用によって一時的に記憶が飛ぶという「健忘」症状が見られます。それによって自分の意思によらない行動を引き起こしてしまうおそれがあります。いわゆる「異常行動」です。

作用時間の長いタイプ(12〜24時間の中間型/24時間以上の長時間型)の睡眠薬には、その作用時間の長さから、毎日服用すると少しずつ体に薬成分がたまっていきます。これによって副作用としては、日中も眠い、だるい、ふらつきのような症状が見られます。

また、どんな薬にも言えることですが、薬には必ず「耐性」というものがあります。体が薬になれてきて、服用しつづけることで、だんだんと効かなくなっていきます。すると、効かなくなる→薬の量が増える→また効かなくなる→また薬の量を増やす、というスパイラルに陥ってしまうのです。睡眠薬だけに限りませんが、特に睡眠薬では注意しなければいけない点です。

日本では“とりあえず”処方される

睡眠薬はなんとなくこわいと思いつつ、服用している日本人はとても多いですね。そのひとつの理由は、わりと簡単に睡眠薬が処方されるためだと思います。日本では、内科でも皮膚科でもどこでも、極端な話、眼科でも医師免許さえ持っていれば睡眠薬を処方することができます。ですから,日本では“とりあえず”処方されてしまう睡眠薬が多いのです。

たとえば、かぜを引いてかかりつけの内科のお医者さんにかかったとき。患者さんが「喉の痛みが取れないんですよね〜。最近忙しくって、朝起きても疲れてるし、ちょっと眠れない感じで……」なんて話をしていると、お医者さんから「ではかぜ薬と、とりあえず眠れるお薬を出しておきましょう」というふうに、わりとすんなり睡眠薬が処方されることがあります。

もちろんきちんした経験と知識のもとで処方してくれるならいいのですが、専門外の薬について、その特徴、性質を十分知悉し、過去の事例なども把握した上で処方できるか、といえばそれは疑問です。

こわいのは、そうした専門外の医師から処方された睡眠薬を「軽いもの」と誤解して、漫然と服用しつづけてしまうことです。どんな睡眠薬でも1か月も2か月も服用しつづけていいものではありません。現実には、もう何年も飲みつづけているよ、という人がいるのですが、それはやはり誤った処方、服用です。

1 2
その1 恋愛講座 占い 恋愛 恋愛運 時短 金運 婚活 アプリ セカンド 美人探偵 運勢 浮気 アラフォー 結婚 浮気事件簿 貧困女子 アラサー キャリア 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。