【その薬、本当に必要?】まさか!?頭痛の原因は愛用の頭痛薬かもしれません

【その薬、本当に必要?】まさか!?頭痛の原因は愛用の頭痛薬かもしれません

薬剤師が薬を使わなくなったわけ

はじめまして。薬を使わない薬剤師、宇多川久美子です。はじめに簡単に自己紹介させてください。私は薬科大を出てから20年ほど薬剤師として働いてきました。薬は病気を治すもの、健康になるために飲むものと信じていました。私自身、学生のころからひどい頭痛や肩こりに悩まされ、薬を手放せなかったのです。

しかし薬剤師として薬局に立ちながら、少しずつ薬への疑念が膨らんできたのです。特にメタボ健診が始まると、メタボの方がドーッと増えて、降圧剤をもらいに来ます。毎回同じお薬を「きちんと飲みましょうね。血圧のお薬とは一生のおつきあいですからね」などと言いながら手渡します。実際、一生のおつきあいをする方も多い。なにかおかしい……と気づきました。一生飲みつづけるということは、薬を飲んでも病気は治らないということです。薬は症状を抑える対症療法にすぎないのだと気がつきました。

私自身は薬剤師になってからも頭痛、肩こりが解消せず、薬を飲みつづけていました。薬は対症療法とわかってからも、自分のことになると客観的になれず飲みつづけていたのです。薬のプロとして正しく、賢く服用していたにもかかわらず、頭痛、肩こりは治りませんでした。治ったのは、ウォーキングを始め、薬をやめたことがきっかけです。「薬は病気を治さない」というのは私自身が身を以て体験したことです。

Suits-woman読者のみなさんは、仕事やプライベートでストレスが重なり、体調の悩みもいろいろ出てくるお年頃かと思います。そこで便利なのが薬です。今はドラッグストアに「便利な」薬が市販されています。以前は病院で処方されなければ飲めなかった薬が、ドラッグストアで簡単に入手できるようになりました。そんな時代だからこそ、薬の正しい使い方を知っていただきたいと思います。

頭痛の原因は鎮痛剤!?

はじめに、頭痛・生理痛によく効く「痛み止め」の話をしましょう。

頭痛、生理痛はつらい。特に頭痛は、ストレスや睡眠不足、疲れなど、原因はいろいろ考えられるけれども、本当のところはよくわかりませんよね。病院に行っても「原因不明」と言われてしまう人も多いと思います。それで仕方なく市販の痛み止めを“お守り”のように持ち歩いている……という人も多いでしょう。

1 2 3
アプリ 不倫 浮気 恋愛 恋愛講座 金運 運勢 占い セカンド その1 アラフォー 恋愛運 キャリア 美人探偵 浮気事件簿 結婚 婚活 貧困女子 時短 アラサー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。