【その薬、本当に必要?】胃薬を飲みつづけて胃潰瘍になる?

【その薬、本当に必要?】胃薬を飲みつづけて胃潰瘍になる?

「ガスター10」、あれ効くよね〜。あれがあれば大丈夫、今日も飲める飲める〜♪ とるんるんしながら話している人がいますが、ちょっと待って! 「ガスター10」がどんな薬かご存知ですか? 

「ガスター10」はなぜ効くのか

もともと「ガスター10」は胃潰瘍の薬です。20年ほど前から市販されるようになりましたが、それ以前は医者の処方がなければ手に入らない薬でした。それだけ強い薬なのです。有効成分はファモチジンというH2ブロッカー薬ですが、H2とは「ヒスタミンH2」のこと。ヒスタミンというと、虫刺されやアレルギーのかゆみを発生させる成分として知られていますが、胃液の分泌を促す成分でもあります。H2ブロッカーはその名の通り、ヒスタミンH2の分泌をブロックする作用をします。胃潰瘍の人に効くほどブロックするのですから、ふつうの人の胃痛に効くのも当然です。

さて、ドラッグストアには「ガスター10」のほかにも胃薬がズラーッと並んでいます。ストレス社会の現代人、胃が痛む人が多いのでしょう。胃痛とひとくちに言ってもキリキリした痛みと、ドーンと重たい胃もたれと、症状が2つに分かれますね。「ガスター10」はキリキリした痛みに有効な薬ですが、キリキリ胃痛の原因は胃液の出過ぎです。

 薬で胃液が中性に傾くとバイ菌が殺せない

胃液は食べたものを消化するのに必要です。胃液が十分に分泌されなければ、消化不良を起こしてしまいます。この胃液、かなりの強酸性です。

1 2 3
iPhone CITRUS 占い 浮気事件簿 アラサー 貧困女子 ダイエット 美人探偵 婚活 レシピ 派遣 恋愛講座 結婚 アラフォー アプリ 金運 恋愛 デート 時短 派遣女子
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!