【その薬、本当に必要?】市販の睡眠改善薬、成分はかゆみ止めと同じでも「効く」理由

【その薬、本当に必要?】市販の睡眠改善薬、成分はかゆみ止めと同じでも「効く」理由

寝つきが悪い、夜中に目が覚めてしまう……眠れない悩みをもつ人が増えています。「眠れないけれど、病院でもらう睡眠薬を使うのはちょっとコワイです。どうしたらいいでしょう?」と相談される方も増えてきました。処方箋でしか買うことができない睡眠剤・睡眠導入剤に対して、市販で買うことができるものは睡眠改善薬と言われています。病院に行って薬をもらうのはちょっと抵抗があると感じる人も、ドラッグストアで買える薬なら手に取りやすいし安心なのでしょう。

市販の睡眠剤の主成分はジフェンヒドラミン塩酸塩

たしかに市販の睡眠剤は、比較的副作用は少なく、安心な薬と言われていますが、飲みつづけていい薬でもありません。眠れない原因は自律神経の乱れにあり、その要因は今あなたの抱えているストレスにあります。眠れる・眠れないには「気持ち」という要素が大きく働きます。そこを改善しないかぎり根本的な解決にはならないでしょう。

ところでみなさんは市販の睡眠改善薬の有効分をご存知ですか?たとえば「ドリエル」はジフェンヒドラミン塩酸というものです。「グ・スリーP」「ネオデイ」などほかの市販薬の多くも、有効成分はジフェンヒドラミン塩酸塩です。

 「睡眠改善薬」だから効くという安心感

ジフェンヒドラミン塩酸塩は、かゆみ止めに配合されている抗ヒスタミン薬の成分としてよく知られています。虫刺されやじんましん、アレルギーによるかゆみを抑える作用や鼻水・くしゃみを抑える効果があります。その副作用が「眠くなる」こと。よく、かゆみ止めや風邪薬を飲んだ後はクルマの運転をしないようにといった注意をされますが、それはこうした副作用があるからです。市販の睡眠改善薬は、このジフェンヒドラミン塩酸塩の副作用を主作用に代えた薬というわけです。

実は、ジフェンヒドラミン塩酸塩もドラッグストアで売っています。120錠で1000円ぐらいです。もちろん「かゆみ止め」として売っているのですが、成分だけ見れば「ドリエル」などと変わらない上、価格はずっと安いです。

しかし、眠れなくて睡眠改善薬を買っている人が、「それならジフェンヒドラミン塩酸塩を飲もう」とは思わないでしょうね。理由は「安心感が違う」からです。

1 2
キャリア 金運 アラサー 恋愛運 恋愛講座 貧困女子 婚活 結婚 アラフォー セカンド その1 運勢 アプリ 占い 恋愛 時短 浮気事件簿 浮気 不倫 美人探偵
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。