【その薬、本当に必要?】病院でもらう睡眠導入剤を何年飲みつづけても不眠が治らない理由

【その薬、本当に必要?】病院でもらう睡眠導入剤を何年飲みつづけても不眠が治らない理由

前回は市販の睡眠改善薬のお話をしましたが、今回は病院で処方してもらう睡眠剤・睡眠導入剤についてお話しします。

 睡眠導入剤はそれほど特別な薬ではない

病院で処方される睡眠薬は「睡眠導入剤」と呼ばれるものがメインです。「ハルシオン」「デパス」といった名前は、ちょっと睡眠導入剤を調べたことのある人ならご存知でしょう。

実はこれらの薬は案外というか意外にというか、簡単に処方されています。病院に行って「眠れないんです」と言うと、たいがいの診療科で処方してもらえます。あなたの行きつけの内科や婦人科、あるいは整形外科でも、「先生、最近、よく眠れないんです」と訴えれば、睡眠導入剤を処方してもらうことができます(もちろん、すべてとは言いませんが)。それほど特別な薬ではないということです。

注意してほしいのは睡眠導入剤の種類はいろいろあって、寝つきが悪いのか、夜中に目が覚めてしまうのか、早朝覚醒して眠れないのか、などの症状によって処方する薬が違うということです。ですから、お医者さんには「どう眠れないのか」ということをしっかり伝えて、的確な薬を処方してもらってくださいね

たとえば寝つきが悪ければ「ハルシオン」などの超短時間型、寝てもすぐ目が覚めてしまうなら「レンドルミン」などの短時間型、もっと寝ていたいのに朝早くに目覚めてしまうなら「ネルボン」などの中時間型の薬になります。

いま病院で処方される睡眠導入剤の多くは、ベンゾジアゼピン系と呼ばれる薬です。有効成分が脳内の「GABA 受容体」という部分に結合することで、脳の活動をスローダウンさせるのが特徴。それによって不安や緊張をやわらげ、眠気を誘うというわけです。副作用は比較的少なく、依存性もそれほど高くありません。

とはいえ、ベンゾジアゼピン系は本来、1か月程度しか連続服用してはいけない薬です。ところが現実には何か月も続けて服用している人がとても多いのです。何年も飲みつづけている人も珍しくありません。たとえ「副作用が気にならない」としても、それは気にならないだけで副作用はあります。眠気があるのは当然として、一時的に不安や緊張が高まったり、気持ちが不安定になったり、倦怠感やうつ症状が生じることがあります。また、薬を常用することによって薬の効能は確実に落ちていきます。

1 2 3
婚活 キャリア セカンド 時短 恋愛 不倫 アラフォー アプリ 浮気事件簿 運勢 金運 その1 浮気 アラサー 恋愛講座 結婚 美人探偵 占い 貧困女子 恋愛運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。