【その薬、本当に必要?】ドライアイに目薬、さしすぎ危険!

【その薬、本当に必要?】ドライアイに目薬、さしすぎ危険!

コンタクトレンズの装着、パソコンやスマホの長時間使用などの理由から疲れ目、ドライアイに悩む人が増えています。目薬をいつもバッグやポケット、あるいはデスクの引き出しに入れている読者も少なくないでしょう。

目薬は「薬」ですよ!

以前、薬をファッションの小道具のように飲む「カジュアル飲み」のリスクをご説明しましたが、目薬ほどカジュアルに使われる薬もないのではないでしょうか?疲れたら1滴、気分転換に1滴と親しまれて(?)いますが、目薬はれっきとしたお薬です。箱には第3類医薬品、あるいは第2類医薬品とあります。トリセツに沿って、正しく使わないといけません。目薬の常用は、飲み薬の常用と同じように危険をはらんでいるのです。

目薬に頼っていると、ますますドライアイに 

はじめに、ドライアイ対策としての目薬について考えてみます。

ドライアイとは涙の分泌量が減ってしまうこと。涙はつねに少量、分泌されていて、目の表面を保護する大切なバリアの役目をしています。これがコンタクトレンズの装着、エアコンによる空気の乾燥、パソコンやスマホのモニターの見すぎなどの理由で涙が出にくくなってしまうのです。ちなみにパソコンやスマホでドライアイになる理由は、モニターを見ている間、まばたきの回数が減るからです。ドライアイの症状としては、疲れ目、目がパサパサしたりゴロゴロしたりする不快感。目がかすむこともあります。

そこで少なくなった涙を補うために目薬、というわけです。しかし目が乾くからといって、目薬をさしつづけているとどうなると思いますか?涙がもっと出にくくなってしまうおそれがあるのです

もともと涙は必要に応じて分泌されるものです。目の乾燥具合に応じて脳が「涙が足りない」と判断し、「涙を分泌しなさい」と指令します。しかし、目が乾くたびに目薬が注入されるとしたらどうでしょうか。涙を出さなくても涙のような成分が入ってくるので、脳は「涙は出す必要はない」と判断してしまいます。

つまり目薬によってドライアイを補いつづけることで、涙がますます出にくく、ますますドライアイになってしまうのです。

1 2
恋愛講座 時短 占い CITRUS アプリ アラサー デート ダイエット 浮気事件簿 派遣 iPhone 結婚 レシピ 美人探偵 恋愛 貧困女子 金運 アラフォー 婚活 派遣女子
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!