【その薬、本当に必要?】「かぜ薬で熱を下げる」とかぜが長引く理由

【その薬、本当に必要?】「かぜ薬で熱を下げる」とかぜが長引く理由

前回、発熱は免疫力を上げるために必要である理由をご説明しました。せっかくの発熱を解熱剤で下げてしまうと何が起こるか?というと、ウイルスが死なないわけです。熱は下がっても、体の中のウイルスは残ってしまう。ですからよく、こんなふうに言う人がいます。

「(市販の)薬を飲むと熱が下がるけど、またすぐ出るんだよね」

これは薬でいったん熱は下げたもののウイルスが退治できていない、だからぶり返してしまう、ということなのです。薬で熱を下げていると、結局は長々と、かぜとつき合うことになりかねません。

高熱でつらいときはかぜ薬を

かぜを引いたら熱は出る。それはウイルスをやっつけるため、免疫力を上げるために体が発熱しているのです。ですから熱は下げない方がいいのです。そして仕事を休んで、暖かくして安静にしている……、そして熱が引くのを待つ。これがベストのかぜ対処法です。

ただ発熱すると、食欲がなくなって食事できなくなったり、うなされて眠れなくなったりすることもあります。高熱によってつらい症状がつづく場合は薬を飲んで熱を下げたほうがいいでしょう。食事を取ることも、よく眠ることも、免疫力を高めるためには必要なことです

重要なことは、発熱=悪ではないということです。「熱が出たら薬を飲む」ではなく、「熱によるダメージが大きければ薬を飲んで下げたほうがベター」という知識です。「かぜかな?」と思ったとき、薬を飲んで発熱を抑えるのかどうかは自身の症状を見て決めるべきことです。決して「早めに飲むのがベター」なのではありません。

37℃の熱が出ないと会社を休めない?

日本では発熱の目安が「37℃」になっていますが、人によって平熱も違えば、何℃になればつらくなるかも違います。私も薬局で仕事していたときは、「○○℃以上になったら飲んでくださいね」と言いながらお薬を渡していましたけれど、本来、一概に「何℃なら高熱」とは言えるものではありません。

1 2
貧困女子 不倫 アラサー 結婚 セカンド 婚活 恋愛運 キャリア 恋愛講座 美人探偵 アプリ アラフォー 運勢 浮気事件簿 占い 時短 その1 金運 浮気 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。