【その薬、本当に必要?】冬のかゆ〜い乾燥肌。治すクリームはありますか?

【その薬、本当に必要?】冬のかゆ〜い乾燥肌。治すクリームはありますか?

今年も寒〜い季節がやってきました。この時期、ドラッグストアにズラーッと並ぶ「かゆみ止め」。毎年、肌荒れやかゆみに悩まされている読者も多いでしょう。乾燥肌は、冷えと並んで女性の大敵です。では、どんなクリームを使ったらいいでしょうか?おすすめのクリームは?薬を使わない薬剤師、宇多川先生にたずねてみました。

あったかインナーも乾燥肌の一因に

この季節、肌がカサカサしてかゆい。特にお風呂上がり、ガマンできないほどかゆい!わかります。でもクリーム選びの前にちょっと待って!そもそもどうして冬になると、かゆくなるのでしょうか? 

冬のかゆみの主な原因は肌の「乾燥」です。単に空気が乾いているだけでありません。現代の生活環境自体が肌の乾燥を招きやすく、また刺激を与えやすくなっていると言えます。

ひとつは寒暖差。外は寒いのに建物の中に入ると暖房が効いています。寒暖差が10度以上あることは珍しくありません。みなさんはふだん意識していないと思いますが、寒い所から温かい所に急に入ると、キュッと縮んでいた血管がゆるみ、急に血行がよくなります。これがかゆみを発生させるヒスタミン物質を活性化させる一因になります。

さらに冬場、身につけているものを見てください。たとえばセーターやコート。素材はなんであれ肌に直接当たれば多少チクチクしますし、フリースやあったか化繊下着はポリエステル系で、綿素材と比べれば肌に与える刺激は大きくなります。静電気も起きやすい素材ですが、静電気もまた肌に刺激を与えます。

寝具も冬場は起毛系のシーツや毛布を使う人が多いと思いますが、そのほとんどポリエステル系です。パジャマもそうです。起毛系素材が温かく快適なのはたしかですが、その反面、肌への刺激が増しているのも事実です。

乾燥によって皮膚の天然クリームである皮脂が減少しているところに、上記のような刺激が次々と襲ってくる。これが冬の「かゆみ」が増幅する理由です。

1 2
美人探偵 派遣女子 占い アラサー 結婚 ダイエット 金運 恋愛講座 iPhone CITRUS 貧困女子 アプリ 仕事 婚活 恋愛 アラフォー 派遣 レシピ 浮気事件簿 時短
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!