【その薬、本当に必要?】重症化した乾燥肌。ステロイド入りの「市販のかゆみ止め」は安全ですか?

【その薬、本当に必要?】重症化した乾燥肌。ステロイド入りの「市販のかゆみ止め」は安全ですか?

ステロイド配合の市販薬は自分で選ばない

前ページの成分が配合されたかゆみ止めを塗っても、かゆみが治まらないケースもあります。たとえば、かきこわした患部が化膿して治らないこともあります。この状態がつづくと、さらに悪化するおそれがあります。

この場合の考え方として、皮膚科のお医者さんに診てもらうことがひとつ。あくまで市販薬で“しのぐ”のなら、あまり効果がない薬を使いつづけるより、一度、強めの薬を使ってかゆみを抑え、とりあえずかかずに済む状態にもっていくという考え方もあります。その最後の手段として「ステロイド入りのかゆみ止め」があります

皮膚に塗るステロイドには、その効き目のランクがあります。ウィーク<マイルド<ストロング<ベリイストロング<ストロンゲストの5ランクです。では、どれを使えばいいのか? 

みなさんがご自身でその選択をするのは、少々リスキーです。ステロイドは選ぶのもむずかしいですが、用法を間違えると危険だからです。ドラッグストアに行って、薬剤師に相談するのがいちばんの得策です。薬剤師はそのためにいるのですから、遠慮なく相談しましょう。ステロイド剤はたしかに注意を要する薬ですが、必要なとき、正しく使えば効果の高い薬です。

軟膏とローション、効き目が高いのはどっち?

かゆみ止めや保湿剤などの“塗り薬”の効き目の順番を、ご説明しておきましょう。

塗り薬には基剤の違いで軟膏、クリーム、ローションと分かれます。(たとえば、かゆみ止め「レスタミン軟膏」の基剤にはワセリンが使われています)。ノビがよく、塗りやすいのは、ローション、クリーム、軟膏の順番ですね。しかし効き目の順番はこの逆で、軟膏>クリーム>ローション になります。理由は軟膏の方がベッタリしている分、成分が肌に長い時間とどまり、保湿力も保てるからです。

でも軟膏はベタつくうえ、テカテカするので顔には使いにくいですよね。なので、日中の顔や手にはクリームやローション、夜、寝る前はテカッてかまわないから軟膏と、使い分けられるといいですね。

最後に、かゆみ止めの薬はあくまで“一時しのぎ”の対症療法であることをお忘れなく。「このかゆみ止めクリームがあれば大丈夫!」 じゃなくて、乾燥を招きやすい寝具を避ける(電気毛布を使わない、パジャマは綿製品にするなど)、部屋を加湿する、お風呂はぬるめのお湯に入る、ナイロンたわしでゴシゴシ体をこすらない、お風呂上がりにすぐ保湿するなどなど、身のまわりでできる乾燥肌対策はいろいろあります。生活習慣の見直しも忘れないでくださいね! 

ステロイドは用法を守って使いましょう。自分で選ばず、薬剤師に相談しましょう。

賢人のまとめ

乾燥肌のかゆみを治すには「かかないこと」がいちばん。皮膚をかきむしって「かきこわし」てしまうことで症状が悪化します。その状態まで悪化してしまったら、かゆみ止めを利用しましょう。市販のかゆみ止めにはステロイドを配合したものもあり、適切に使えば有効です。ステロイドの種類、効き目の強さは何種類もあり、自分で選ぶのは危険です。ドラッグストアの薬剤師に相談しましょう。

1 2

賢人プロフィール

薬の賢人宇多川久美子

薬剤師、栄養学博士。(一社)国際感食協会理事長。明治薬科大学を卒業後、薬剤師として総合病院に勤務。46歳のときデューク更家の弟子に入り、ウォーキングをマスター。今は、オリジナルの「ハッピーウォーク」の主宰、栄養学と運動生理学の知識を取り入れた五感で食べる「感食」、オリジナルエクササイズ「ベジタサイズ」などを通じて薬に頼らない生き方を提案中。「食を断つことが最大の治療」と考え、ファスティング断食合宿も定期開催。著書に『薬剤師は薬を飲まない』(廣済堂出版)『それでも「コレステロール薬」を飲みますか?』(河出書房新社)など。LINEお友達限定で、絶対に知っておきたい薬のリスク情報配信中。

 
アラフォー 美人探偵 キャリア 結婚 アプリ 不倫 時短 浮気 貧困女子 婚活 占い 恋愛 金運 セカンド 恋愛運 その1 アラサー 運勢 浮気事件簿 恋愛講座
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。