【その薬、本当に必要?】漢方薬もいいけど、あなたのお医者さんは「証」を診られますか?

【その薬、本当に必要?】漢方薬もいいけど、あなたのお医者さんは「証」を診られますか?

西洋薬より漢方薬のほうが効き目が穏やか、副作用も少なくて安心……。そんなイメージをお持ちの方も多いと思います。また、西洋薬を飲んでいるがなかなか改善しないとか、医者にかかっても「原因がわからない」と言われる……などの症状に悩まされている場合、漢方薬なら、と期待される方も少なくないでしょう。

漢方薬は対症療法ではありません

西洋薬と漢方薬の大きな違いは、その目的にあります。西洋薬は、すでに出ている症状を「緩和する」「楽にする」ことを目的に飲むものです。つまり対症療法として飲む対症薬です。

一方、漢方は対症療薬ではありません。中には飲んですぐ効果が出るものもありますが、多くは継続的に飲みながら体質改善をはかり、不調を解消していくことが目的です。

漢方の特徴は「証を診る」ことです。「証」とは人それぞれの体質や気質のようなものです。たとえば、太っている人、痩せている人。筋肉質の人、ポッチャリの人。血色のいい人、青白い人。声の大きい人、小さい人などなど。体格や表情にさまざま要素があります。大まかに「実証」と「虚証」の人に分けることができます。「実証」の人は体力があり、血色がよく、筋肉質。「虚証」の人は体力がなく、顔色も蒼白く、細くて筋肉が少ない。

漢方は症状と「証」によって処方が決まります。ですから、同じような症状でも、証が違えば処方は変わります。たとえば熱がある、喉が痛いなどのかぜ症状を訴えても、実証の人と虚証の人では出る薬が違うのです。

また、漢方は症状の見方も西洋医学と違います。

・気の不調:疲労感、食欲不振、頭重、息苦しさ、のぼせ、動悸、発汗、不安感など

・血の不調:月経異常、便秘、お腹の痛み、貧血、皮膚の乾燥、脱毛など

・水の不調:むくみ、めまい、頭痛、下痢、排尿異常など

「気」「血」「水」の症状と、その人の「証」を見合わせながら薬を処方していきます。

1 2
浮気事件簿 アラフォー 不倫 婚活 iPhone 美人探偵 浮気 運勢 貧困女子 アラサー 時短 恋愛 セカンド 恋愛講座 その1 占い 恋愛運 金運 結婚 アプリ
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。