【その薬、本当に必要?】たくさんありすぎるビタミン・サプリメント、選ぶときの決め手は?

【その薬、本当に必要?】たくさんありすぎるビタミン・サプリメント、選ぶときの決め手は?

以前、ビタミンの働きや効用についてお話ししました。私は薬を使わない薬剤師ですが、最近ちょっと疲れすぎだわ……というとき、ビタミン剤を補給するのはアリだと思っています。

病院で処方されるビタミンと市販ビタミンに違いはあるのか

もちろん、ビタミンはふだんの食事から摂るものです。でも仕事で忙しかったりして、ただでさえお疲れのところに栄養バランスの取れた食事を考えてなんて言ったら、ますます大変ですよね。だから一時しのぎ的にビタミン剤、あるいはサプリメントに頼りたくなる気持ちもよくわかります。

ところで、病院で処方されるビタミン剤と市販のビタミン剤に質的な違いはあるのでしょうか?たとえば眼科で出されるビタミンB2やB6、手足のしびれなど抹消性神経障害に処方されるビタミンB12と市販のビタミン剤に違いはあるのでしょうか?

処方されるビタミン剤も複数種あるので一概には言えませんが、病院で処方されるものは必要な品質チェックを受けていますから、品質的に確かであると言えます

たとえば病院で処方されるビタミンC(別名「アスコルビン酸」)。医師が患者の病状によって摂取量を判断し、処方します。もし1日2000mg必要と判断すれば、処方薬には確実に2000mgのビタミンCが入っています。

市販のビタミン剤で2000mg摂ることも可能です。信用できるメーカーの商品であれば問題ないでしょう。ネットで調べれば、病院で処方されるビタミン剤のメーカーが製造している市販品の商品名がわかります。

しかし、サプリメントになると少々話が違ってきます。市販のビタミン剤が一般用医薬品の中の「第3類医薬品」であるのに対し、サプリメントは食品です。そもそもの目的が異なります。

ビタミンCが1粒500mg入ったサプリなら4粒飲めば2000mgです。ただし、品質的な保証はありません。

サプリは信用できるメーカーのものを選ぶ、これに尽きる

サプリメントの選び方としては、信用できるメーカーの商品を選ぶ、これに尽きると思います。過去たびたび、国民生活センターなど食品検査機関がサプリメントを調べたところ、表示されている栄養素の分量が足りなかったりするニュースがありました。食品なので医薬品ほど重大な事件にはなっていませんが。ここで確かなことは、メーカーの表示「1粒で○○○mg」がどこまで正確かは、消費者には確かめられないということです。

今どきは200円台で買える商品もあります。安いから信用できないというわけではありませんが、「?ん?安すぎない?」と注意は払うべきでしょう。逆に、高ければ安心できるというわけでもないので悩ましいのですが。

1 2
アラサー 不倫 その1 占い マッチングアプリ 貧困女子 美人探偵 運勢 婚活 恋愛 セカンド 金運 キャリア 浮気 結婚 恋愛運 アプリ 恋愛講座 浮気事件簿 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。