【その薬、本当に必要?】かぜ後の喉の痛みが消えません……市販薬を飲んでも効かないとしたら?

【その薬、本当に必要?】かぜ後の喉の痛みが消えません……市販薬を飲んでも効かないとしたら?

以前、このお薬診断で「熱は出ないが喉が痛い」場合の対処法をご紹介したことがあります。今回は、「かぜは治ったが喉が痛い」というケースです。

10日以上、喉が痛いなら病院で診察を受けるべき

少し復習しますと、かぜウイルスにかかっているにもかかわらず熱が出ない人がいます。体力があっても熱が上がらないケースもありますが、体温を上げるにはそれなりのエネルギーを使いますから、体力が落ちている人や高齢の方は体温が上げられないこともあります。この場合に、熱は出ないけれど、咳、鼻水、喉が痛いなど、かぜ症状が出ることが考えられます。また熱が出ないゆえに、いつまで経ってもウイルスが死なず、かぜ症状が長引くことにもなります。

この場合、病院で診察を受け、喉の薬を処方してもらうのが妥当だと思います。が、病院に行く時間が取れないほど忙しい!という人の場合、喉の炎症をひどくしないために「喉の薬」を利用するのも一手です。熱はないので解熱剤の配合されていない、喉の痛みに特化した薬があります。炎症を鎮めるトラネキサム酸を有効成分とした薬で、よく知られたものに「ペラック」があります。

今回は、かぜをひいて熱は出た、熱が引いてかぜも治った……しかし喉の痛みが取れない……という方。さらに「ペラック」も飲んだがまだ治らない……という方です。もし熱が引いた後も10日以上、喉の痛み続いているなら、もはや市販の薬には頼れません。病院で診察を受けたほうがいいでしょう。病院に行けば、市販の薬より有効成分量の多いお薬が処方されます。

かぜウイルスは死んだのに喉の炎症が残っている。原因として考えられるのは、免疫力の低下です。慢性扁桃炎になっている可能性もあります。慢性になると、ますます治りにくいのです。もうひとつ気をつけなければならないのは、他の病気が潜んでいる可能性もあることです。たとえば、喉が痛みだけでなく、声がかすれる症状があれば、声帯にポリープができている可能性もなくはありません。単に体力が落ちている、喉が腫れやすい体質だからと思い込んでいると重大な病気を見過ごしてしまうおそれがあるのです。

1 2
恋愛講座 金運 美人探偵 アプリ 浮気事件簿 占い 派遣 ダイエット iPhone 恋愛 結婚 CITRUS 派遣女子 レシピ 貧困女子 運勢 時短 アラフォー 婚活 アラサー
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!