【その薬、本当に必要?】インフルエンザかな?と思ったら何を飲めばいい?

【その薬、本当に必要?】インフルエンザかな?と思ったら何を飲めばいい?

今シーズンも流行期に入ったようです。ワクチンが足りなくなるほど予防接種されたのに、やはり大流行してしまうのはなぜでしょう!?その理由はともかくとして、今日はインフルエンザかな?と思ったときの対応法をお話しします。

インフルエンザとかぜ、何が違うの?

かぜもインフルエンザもウイルス感染によって発症します。違うのはウイルスの種類です。インフルエンザの場合、毎年、流行するウイルスの種類が発表されます。今年のメインはA型HINIやB型ビクトリア型です。一方、かぜにも同様に毎年、流行のウイルスがあるはずですが、こちらは発表されることはありません。数がたくさんありすぎるからでしょうか。

症状の違いについてですが、一般的に、インフルエンザの症状は、かぜよりも「急に」「激しく出る」という特徴があります。インフルエンザウイルスの潜伏期間が短いため、感染すると比較的早く発症するのです。しかし、今年のようにB型が流行ると激しい症状がでないこともあり、見分けることが難しいかもしれませんね。

かぜかインフルエンザかハッキリしない場合、どうしたらよいか?という質問をよく受けますが、インフルエンザは、かぜより明らかに重い症状が出ます。症状が「いつものかぜと違う」と思ったらインフルを疑ったほうがいいでしょう。たとえば、いつもなら、かぜを引く前になんとなく予兆がある、熱が出てもだいたい37℃台で済んでいる人が、いきなりゾクゾクッと寒気がきて、熱を測ったら38℃もあった、などというケースです。

インフルエンザだと思っても、すぐ病院に行けないときもあるでしょうし、夜分で行けないこともあるでしょう。そんなときの対処法は、水分を十分に摂って、温かくして寝ることです。かぜを引いたときと同じです。無理をしないことです。

しかし、かぜ薬を飲んでいけません。インフルエンザだった場合、まれに解熱剤が重篤な副作用を引き起こすことがあるからです。

熱が高くてとてもつらいなど、どうしてもという場合に飲んでもいい薬は「アセトアミノフェン」だけです。アセトアミノフェンは解熱剤の成分名。処方薬の名前では「カロナール」、子ども向けには「アルピニー」「アンヒバ」(坐薬)、市販薬では「タイレノールA」「ラックル」、子ども向けには「小児用バファリンチュアブル」などがあります。市販薬のかぜ薬や解熱薬にはアセトアミノフェンとイブプロフェンなど、複数の解熱剤が配合された薬もあるので注意が必要です。

1 2
金運 恋愛 アプリ セカンド 貧困女子 占い 不倫 浮気 結婚 婚活 美人探偵 浮気事件簿 恋愛講座 マッチングアプリ アラサー 恋愛運 運勢 キャリア アラフォー その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。