【その薬、本当に必要?】女性に多い“貧血気味”。市販の「鉄剤」は効くの?

【その薬、本当に必要?】女性に多い“貧血気味”。市販の「鉄剤」は効くの?

疲れやすい、立ちくらみする、仕事中に頭がボーッとする……女性に多く見られる貧血気味の症状。つらい状態が長引くようなら、「貧血だから」と軽く見ず、病院で診察を受けましょう。鉄欠乏性貧血、また他の病気の可能性もあります。しかし、そこまでいかないケース、病院で診察を受けても病気とは言えない「貧血気味女子」が多いと思います。今回は、そんな“貧血気味”の対応法を考えてみましょう。

市販の鉄剤にはビタミンCや葉酸も

Suits世代の女性から、よくこんな話を聞きます。

「特定健診の血液検査でヘモグロビンの値が10g/dlで、貧血気味と言われました。ふだんは健康なのですが、ときどきクラッと来ることがあり、ちょっと心配です」、「仕事中にめまいが起きることがあります。貧血でしょうか」、「以前から貧血気味。特に生理中に頭がボーッとするのですが」などなど。そしてこう質問されます。

市販の鉄剤でも飲んだほうがいいでしょうか?

鉄分は体の中で作り出すことはできないので、本来なら食べものから摂取しなくてはなりません。ですから貧血気味の人は、まずふだんの食事メニューを見直して、鉄分摂取を心がけてください。その上で、それでも鉄分が足りない……という場合に、市販の鉄剤を試してみるといいでしょう。

前回、病院で処方される鉄剤について説明しましたが、市販薬の鉄剤もあります。ただし、含まれる鉄分量はグッと少なくなります。

たとえば、市販薬「マスチゲン」や「ファイチ」の1日あたりの成分量は「溶性ピロリン酸第二鉄79.5mg」となっていて、これは「鉄分10mg」に相当します。10mgといえば、厚生労働省の食料摂取基準(2015)で推奨する1日あたりの鉄分摂取量とほぼ同じです(18〜49歳の女性の場合)。一方、処方薬の鉄剤は、1日あたりの鉄分は50〜100mgがほとんどで市販薬の5倍〜10倍も含みます。

市販薬には処方薬にない特徴があります。鉄分のほかにビタミンCやビタミンB12、葉酸などが配合された製品が多いです。ビタミンCは鉄分の吸収をよくするため、ビタミンB12と葉酸はヘモグロビンや赤血球の生成を助けます。これら鉄分摂取をスムーズにするための成分が配合されているのは市販薬ならではでしょう。

副作用についてですが、鉄分の含有量が少ないとはいえ、相当の鉄剤を含みますので、処方薬と同じような症状はあり得ます。便が黒くなる、硬くなる、便秘しやすくなる、などです。吐き気や食欲不振なども見られます。食べるもの、飲むものがなんとなく鉄くさくなる、さびた鉄のにおいがする、という話もよく聞きます。こうした副作用が薬による効果(ベネフィット)を上回るようであれば、服用は見合わせたほうがいいでしょう。いくら血中のヘモグロビンが増えても、体調を崩したり、食事がおいしく食べられなくなったりしたら、それは本末転倒だからです。

1 2
運勢 iPhone 金運 貧困女子 アプリ 恋愛運 不倫 派遣女子 時短 占い 恋愛 浮気事件簿 恋愛講座 美人探偵 結婚 セカンド アラフォー 婚活 アラサー 派遣
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!