【その薬、本当に必要?】生理痛の悩み。鎮痛剤が効かないなら「低用量ピル」?

【その薬、本当に必要?】生理痛の悩み。鎮痛剤が効かないなら「低用量ピル」?

生理痛、生理不順、PMS(月経前症候群)の悩み、女性ならだれしも多かれ少なかれ経験されているでしょう。痛み止めを飲んで、なんとかしのいでいるけれど、「低用量ピル」を試してみたいという読者もいらっしゃると思います。

低用量ピルはなぜ生理痛に効く?

欧米と比べて普及率の低い日本では、低用量ピルの使い方は十分知られていないように思います。ちなみに国連人口部の2013年度の調査によると、ピルの服用率はフランス41%、ドイツ37%、イギリス28%。日本は1%だそうです。

低用量ピルとはOral Contraceptives、略してOC、別名「経口避妊薬」と呼ばれます。その名のとおり、もともと避妊薬として開発されたものなので、低用量ピル=避妊薬のイメージが強いのはやむを得ないところでしょう。

ピルの有効成分は、2つの女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の類似ホルモンです。女性ホルモンの分泌をコントロールしているのは脳ですが、ピルを服用することで、脳は「もう体に十分、エストロゲンとプロゲステロンが分泌されている」と勘違いします。すると自分のエストロゲンとプロゲステロンを分泌しなくなります。その結果、体内に妊娠を可能にする環境がつくられず、避妊できるというわけです。

具体的には、ピルによってエストロゲンが補給されることで排卵が止まります。受精卵の着床に備えて子宮内膜が分厚くなることもありません。これが生理痛の緩和につながります。

そもそも、生理痛は何が原因で生じるのか、ご存知ですか?大切なことなので、簡単にご説明しましょう。

月経前、妊娠に備えて分厚くなった子宮内膜の中には、痛みの原因になるプロスタグランジンという物質が含まれています。これは子宮の収縮を促す働きをするのですが、同時に痛みを引き起こす原因にもなってしまう物質です。ピルの服用で子宮内膜が厚くなることが抑制されるため、プロスタグランジンの作用も抑制され、結果として生理痛も軽くなるのです。

生理痛のたびに頭痛・生理痛用の鎮痛剤を服用して、何とかしのいでいる読者も多いと思います。これらの鎮痛剤はプロスタグランジンの分泌を抑えることで痛みを緩和します。このように説明すると、プロスタグランジンはただの厄介者のようですが、そんなことはなく、実は血流を促進する働きがあります。ですからプロスタグランジンの分泌を抑制することは、血流を悪くすることにもつながります。

血行が悪くなることは体にとっていいことはありません。生理痛に限らず、頭痛、肩こり、腰痛、もちろん冷え性も、血流がよくないことが要因です。鎮痛剤で今ここにある痛みを緩和することも大切ですが、その結果、血流を悪くしてしまっては、その後の症状の改善は期待できません。「お薬診断」では薬はなるべく使わないようにと繰り返し述べていますが、特に鎮痛剤について注意が必要だと思うのは、このような理由があるからです。

1 2
貧困女子 不倫 婚活 金運 アラフォー 美人探偵 占い その1 キャリア 恋愛運 アプリ 時短 恋愛 セカンド 浮気 浮気事件簿 恋愛講座 運勢 結婚 アラサー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。