【その薬、本当に必要?】 ジェネリックって本当に安全?

【その薬、本当に必要?】 ジェネリックって本当に安全?

最近よく耳にする「ジェネリック医薬品」。テレビコマーシャルでも見かけますよね。成分は同じだけど、お値段が安いお薬、そんなイメージが浸透しているかと思います。

Suits WOMAN読者の中にも薬局で「ジェネリックにしますか?」と聞かれた経験のある人がいるかもしれませんね。これから知っておいてソンはない、ジェネリックのお話をしましょう。

ジェネリックって何?

まず、ジェネリック医薬品とは何かを説明します。

薬は製薬メーカーが開発して販売しますよね。これを「先発医薬品」と言います。これに対して、有効成分や効能、安全性は同じですが、他メーカーがつくった薬が「後発医薬品」で、これを「ジェネリック医薬品」と言います。ちなみに市販薬に「ジェネリック医薬品」はありません。病院で処方される薬にだけあります

では、なぜ安いのでしょうか?

製薬メーカーが新薬を開発するのには百億円以上かかると言われています。新しい薬ですから広告や宣伝費も必要です。これらを加味して「薬価」が決まります。定価みたいなものです。新薬の場合、この薬を販売できるのは当然、開発した製薬メーカーだけ。つまり定価で独占的に販売できるわけです。

しかし、それが可能なのは「特許」が切れるまで。期間は一般的に20年です。特許が切れると他メーカーも作って販売することができるようになります。これが後発医薬品=ジェネリックですね。ジェネリックは先発品のように開発費などがかかりませんから、安く販売することができます。だいたい先発品の5割程度でしょうか。

1 2
アラサー 浮気事件簿 キャリア 運勢 時短 その1 不倫 金運 セカンド 恋愛講座 アラフォー 婚活 貧困女子 恋愛 アプリ 結婚 恋愛運 占い 美人探偵 浮気
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。