【その薬、本当に必要?】飲んでいいジェネリック、いけないジェネリックは何ですか?

【その薬、本当に必要?】飲んでいいジェネリック、いけないジェネリックは何ですか?

前回のお薬診断で、ジェネリック医薬品についてご説明しましたが、最近多い質問がこれ。
「飲んでいいジェネリック、いけないジェネリックは何ですか?」

ジェネリックにも相性あり

このご質問には、一概にこれとこれと答えることはできません。ジェネリックは先発品と添加物が違うこともありますし、効き目が先発品と比べてプラスマイナス20%程度の異なることもあります。これらの違いによって効果に影響が出るのか、まったく出ないのかは、症状によっても、人によって異なるからです。

私が薬局に勤務していたころは、ジェネリックを飲んで「安いし、よく効くし、何の問題もない」という人もいれば、「湿疹が出たから、もうやめるわ」などと何らかの不調を訴えてくる人もいました。その人の湿疹の原因がジェネリックにあったかどうか、本当のことはわかりません。ただ一度でもそういう経験をすると、「やっぱりジェネリックより先発品」と思われる人も少なくありませんね。

処方箋に書かれているのは商品名?成分名?

ところで、病院で処方された薬をジェネリックにするか先発品にするかはどう決められるのでしょうか?

薬局で処方箋を出すと、薬剤師から「ジェネリックにしますか?」と聞かれることがあります。この場合、処方箋には薬の商品名ではなく、成分名が書かれています。

たとえば、みなさんご存知のロキソニンですが、「ロキソニン」は商品名です。成分名は「ロキソプロフェンナトリウム」です。お医者さんが処方箋に「ロキソニン」と書いていれば、薬局では「ロキソニン」が処方されます。「ロキソニン」は先発医薬品です。しかし処方箋に成分名「ロキソプロフェンナトリウム」と書いてあれば、「ロキソニン」のジェネリック医薬品が処方されます。ジェネリックとはGeneric(一般的な)という意味で、成分名のことを意味します。

「ロキソニン」は人気の薬ですので、ジェネリックには30品目以上あります。有効成分と含有量はどれも同じです。添加物については先発品と違うジェネリックもあれば、同じものもあります。

処方箋に成分名が書かれている場合、ふつうは、その薬局が扱っているジェネリックが処方されます。

1 2
恋愛講座 iPhone 金運 恋愛 貧困女子 不倫 浮気事件簿 時短 運勢 美人探偵 結婚 派遣 浮気 アラサー 婚活 占い アプリ アラフォー 恋愛運 セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!