【その薬、本当に必要?】くしゃみ、鼻水、目のかゆみが辛い……花粉症は抗ヒスタミン薬で治るのか?

【その薬、本当に必要?】くしゃみ、鼻水、目のかゆみが辛い……花粉症は抗ヒスタミン薬で治るのか?

本格的な花粉症シーズンがやって来ました。近年は春に限らず年中、何かしらの花粉に悩まされる人が少なくありません。花粉に加え、ハウスダスト、PM2.5など、私たちを取り巻く空気中にアレルゲンが増加しているのでしょう。

花粉症の薬には第1世代の抗ヒスタミン薬と、抗アレルギー薬といわれる第2世代抗ヒスタミン薬の2つに分かれます。何が違うのでしょうか?

第2世代抗ヒスタミン薬とは?

 

かゆみは「ヒスタミン」という体内の物質が分泌されることで生じます。第1世代の薬は、ヒスタミンが分泌されて発生したかゆみを抑える作用があります。成分名としてはジフェンヒドラミン塩酸塩、フマル酸クレマスチン、マレイン酸クロルフェニラミンなどが代表的なもの。ジフェンヒドラミン塩酸塩は、かゆみ止めの「レスタミンコーワ」の有効成分です。

そして第2世代の薬は、かゆみを抑えるだけでなく、そもそもヒスタミンを分泌させないように作用する薬です。「第2世代抗ヒスタミン薬」と呼ばれ、その代表的な成分はフェキソフェナジン。花粉症の薬としてよく知られる「アレグラ」の有効成分がこれです。

このように、第2世代は単に第1世代より新しいというだけではなく、そもそもの働きが違います。では、どのように使い分けたらいいのか。

第1世代の薬はすでに出ているかゆみ症状に対して作用するので、比較的早めに効果が出ます。ただし、眠気や口の渇きなどの副作用が出やすい。薬局で処方される際には、「運転は控えてください」と注意されるお薬です。

第2世代の薬は、ヒスタミンが分泌されるのを抑える薬なので、花粉症の症状が出始める前から服用するのが効果的です。また、副作用が少なく、眠気もほとんど出ないのが特徴です(もちろん個人差はあります)。症状が出ている最中でも、副作用の少ない第2世代を飲むという選択はありです。

1 2
その1 婚活 美人探偵 浮気事件簿 恋愛運 アラフォー 占い 時短 運勢 アプリ セカンド 恋愛講座 キャリア 貧困女子 恋愛 不倫 金運 アラサー 結婚 浮気
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。