【その薬、本当に必要?】ヒノキ花粉が大量飛散中!花粉症の薬、効く効かないの違いは何?

【その薬、本当に必要?】ヒノキ花粉が大量飛散中!花粉症の薬、効く効かないの違いは何?

花粉症がつづく間、薬をずっと服用してもいい?

近年はスギ花粉につづきヒノキ、ブタクサなどなどの花粉にも反応してしまい、アレルギー症状が長引く人が増えています。薬を病院で診察を受けながら処方してもらっている分にはいいのですが、市販薬で過ごしている人は、その間ずっと「アレグラ」や「アレジオン」を飲みつづけていいのかと不安に思う人もいるようです。

たしかに市販薬の添付文書には、「2週間を越えて服用する場合は、医師または薬剤師に相談してください。」と書いてありますね。

もちろん服用が長期にわたる場合、病院で診察を受けたほうがいいでしょう。ただ服用が2週間以上になることについては、それほど神経質になる必要はありません。花粉症のピークで鼻がつまる、目がかゆいなど、いちじるしくQOL(クオリティー・オブ・ライフ)が低下するよりは、薬で抑えたほうが得策でしょう。その際、日中眠気が出ない、だるくならないなど自分に合った抗ヒスタミン薬を使うことが大切です。

新しい抗ヒスタミン薬の効き目は?

アレルギー症状の人が増えているからでしょうか、第2世代の抗ヒスタミン薬には次々と新製品が出ています。処方薬からドラッグストアで買えるようになったものは「アレグラ」「アレジオン」のほか、「クラリチン」「ジルテック」「エバステル」などがあります。

どの処方薬がいちばん効くのか?については一概には言えません。「すごく効く!」という画期的な抗ヒスタミン薬はありません。では何が違うのかというと、効き目が出るまでの時間だったり、眠気などの副作用の出方だったり、用法の違い(1日1回か2回か)であったりします。用法はともかく、効き目、副作用の出方には個人差があります。

一般的に、第2世代の抗ヒスタミン薬は副作用が少なく、眠気が出にくいとされていますが、中には「アレグラ」で眠くなる人もいます。また、「アレグラ」や「アレジオン」は効かなかったけれど「アレロック」(処方薬)は効いたという人もいれば、その逆の人もいます。人と薬にも相性があります。ですから病院で「アレグラ」を処方されて、2週間飲んだけれども症状が改善しないという場合、ほかの薬に換えてもらうといいでしょう。

今のところ、比較的効き目が早く現れ、副作用が少なくて1日1回飲めばいい「ザイザル」がいちばん優れているという評価がありますが、あくまで一般論であって人によって感じ方は違うでしょう。「ザイザル」は新しい薬なので市販はされておらず、処方薬のみです。

自分に合った薬を見つけておくといいと思います。それを飲めば「花粉症が治る」わけではありませんが、いざというときの「お守り」としての薬はあれば安心できるでしょう。

 

抗ヒスタミン薬は複数あります。2週間服用して改善しないときは薬剤師に相談するのも手。

賢人のまとめ

すでに発症している場合は「第1世代」抗ヒスタミン薬のほうが効き目が早く出ます。「アレグラ」「アレジオン」など第2世代の抗ヒスタミン薬は、発症する前から飲むことで症状を軽減する薬。薬にも相性があるので、花粉症と長いつきあいになりそうな人は病院で診断を受けて、自分に合った薬を知っておきましょう。

1 2
不倫 アラフォー セカンド 結婚 時短 金運 婚活 その1 浮気事件簿 アラサー 運勢 占い 貧困女子 浮気 キャリア 恋愛運 恋愛講座 アプリ 美人探偵 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。