【その薬、本当に必要?】鼻水を止めたい!でも……その使い方は正しいですか?市販の点鼻薬の“あるある”残念な使い方

【その薬、本当に必要?】鼻水を止めたい!でも……その使い方は正しいですか?市販の点鼻薬の“あるある”残念な使い方

鼻のムズムズが止まらない、鼻水が止まらない、もうたまらない!とドラッグストアに駆け込むと、点鼻薬が棚にズラッと並んでいます。「いったいどれを選べばいいの?」というご質問をよく受けます。また「ぜんぜん効かない!」という声もよく耳にします。実は誤った用法で、スプレーするほど症状を悪化させている人が少なくありません。

価格帯が広い点鼻薬、高いほど効くの?

市販の点鼻薬は、安い物で500円程度、上は1500円ぐらいと価格差が大きい薬です。この価格の差は、主成分の差でもあります。点鼻薬の主な成分は次の3つ。

・ステロイド剤 

・抗ヒスタミン剤 

・血管収縮剤

このうち鼻炎にもっとも効くのは「ステロイド剤入り」の薬です。ステロイド剤が入った花粉症の市販薬は、現時点では点鼻薬のみです。

鼻炎とは、鼻に炎症が起きて腫れている状態です。これに効果があるのがステロイド剤なのです。アトピーの方は病院で処方されるのでご存知だと思います。処方されるステロイド剤にはさまざまな種類がありますが、市販の鼻炎薬に使われているのは「ベクロメタゾンプロピオン酸エステル」というステロイド剤がほとんどです。市販薬として出ているステロイド剤は、安全性や有効性の点から限られたものを少量使うことになります。

「コンタック鼻炎スプレー」「パブロン鼻炎アタック」「AGアレルカット」「ナザールαAR」などがベクロメタゾンを有効成分にした点鼻薬です。ステロイド剤が入っている薬は値段も高い。1000円以上するのはこのタイプです。

「抗ヒスタミン剤」は炎症を抑えてかゆみを鎮める成分です。成分としてはケトチフェンフマル酸塩やクロルフェニラミンマレイン酸塩、クロモグリク酸ナトリウムなどが代表的です。

そして「血管収縮剤」。

一見、もっとも即効性があるのが血管収縮剤を主な有効成分とした点鼻薬です。鼻腔の腫れている血管をキュッと絞めて細くするので、鼻の通りがよくなるのです。有効成分としてはナファゾリン塩酸塩が有名です。ナファゾリン塩酸塩をメインの有効成分にしている点鼻薬は500円ぐらいから買えるものが多いです。

現在市販されている点鼻薬には抗ヒスタミン剤と血管収縮剤を配合したものが多いです。炎症を抑えるには少々時間がかかりますが、血管収縮も入っているので即効性も持たせようという薬です。

というわけで価格は、血管収縮剤メインの薬<抗ヒスタミン剤メインの薬<ステロイド剤入りの薬という順で高くなります。

効き目は、そのとらえ方によりますが、炎症を治す薬としては「ステロイド剤入り」が一番で、即効性なら「血管収縮剤」が一番です。もっとも効くといってもあくまで市販薬ですので、処方薬と比べると有効成分の配合量が少なく、効能も限定的です。

1 2
美人探偵 時短 恋愛 不倫 結婚 派遣 派遣女子 金運 恋愛運 婚活 アプリ 運勢 恋愛講座 アラサー 浮気事件簿 占い iPhone アラフォー 貧困女子 セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!