【その薬、本当に必要?】今どき「コレステロールゼロ」食品の存在意義は?

【その薬、本当に必要?】今どき「コレステロールゼロ」食品の存在意義は?

みなさんは「コレステロール」にどんなイメージをお持ちですか?「なんだか身体によくないもの」というイメージがあるかもしれませんね。「コレステロールの摂りすぎに注意しましょう」と言われつづけてきたせいでしょう。

ご存知ですね?「コレステロールの摂取量は健康に影響しない」

有名なのは卵への注意でしょうか。「卵はコレステロールが高いので、毎日食べる人は1日1個まで」とか「2個まで」とか、大マジメに言われていた時代がありました。厚生労働省は1日のコレステロール摂取量を成人男性750mg未満、成人女性600mg未満と定めていました。ニワトリの卵1個に含まれるコレステロールは200mg以上あるということで、上記のような1個説、2個説が流れたのです。ところが……!!

「コレステロールの摂取は健康に影響しない」

アメリカ政府の食生活ガイドライン諮問委員会が、こう発表したのは2015年のことでした。

厚生労働省も同年、コレステロールの摂取量の基準設定を取り下げました。「食事から取り入れるコレステロールは血液中のコレステロールにほとんど影響しないので、目標設定の意味がなくなった」という理由でした。

食べ物や飲み物に含まれているコレステロール量は気にしなくていいのです。卵も食べたいなら1つと言わず2つと言わず、食べてよいのです。ちなみに日本では、5〜10個の卵を5日間食べ続けても血中コレステロールに変化がなかったという実験結果が報告されています。

それでもまだある「コレステロールゼロ」製品の不思議

ところが、この「コレステロールの影響ゼロ」の衝撃的なニュースを知らず、いまだにコレステロールに悪者イメージを持っている人が少なくありません。

スーパーの食品売り場を見ていると、今でも「コレステロールゼロ」とか「コレステロールひかえめ」を表示された食品や飲み物がけっこうあります。油、マーガリン、飲み物などに見られます。いったいどんな意味があるのでしょう?

1 2
美人探偵 アプリ 運勢 貧困女子 恋愛 不倫 婚活 派遣女子 時短 金運 セカンド 占い アラサー 浮気事件簿 結婚 派遣 iPhone 恋愛講座 アラフォー 恋愛運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!