【その薬、本当に必要?】え!?あの軟膏クリームで二重になれる?そんなウワサについて、真偽のほどは……?

【その薬、本当に必要?】え!?あの軟膏クリームで二重になれる?そんなウワサについて、真偽のほどは……?

茶色い箱の「オロナインH軟膏」。みなさんの家にもひとつあるのでは? 誕生してから65年。万能薬とまでいわれる「オロナイン」が近年、ネット上で話題になっています。「オロナインで二重になる」というのですが……。宇多川先生に聞いてみました。

オロナインの有効成分は殺菌成分

はじめにオロナインの効能を見てみましょう。

「にきび、吹出物」「きず(すりきず、きりきず、つききず)」「やけど」「水虫」「いんきん、たむし、しらくも、はたけ」「ひび、しもやけ、あかぎれ」———と、幅広いですね。どうして「にきび」に効く薬が「水虫」や「しもやけ」に効くのでしょうか?不思議に思ったこと、ありませんか?いったい何が入っているのでしょうか。 

有効成分はクロルヘキシジングルコン酸塩です。殺菌作用のある成分です。有効成分はこれだけです。

え、これだけ?って思いますよね。それでどうしてこんなにたくさんの効能があるのか?

「にきび」「きず」「水虫」には患部を清潔にするという意味で、殺菌作用が有効と考えられます。

では、「やけど」「しもやけ」「あかぎれ」には何が効くのか?殺菌成分は関係ありません。オロナインの添加物を見てみましょう。グリセリン、オリーブ油、サラシミツロウ、ワセリンなどの油分が入っています。これらが保湿クリームとして、やけど、しもやけ、あかぎれをガードする役目をするのでしょう。

たしかにまだハンドクリームというものが一般的でなかった時代は、あかぎれ、しもやけにはオロナインでした。

ウワサ1「まぶたにオロナインを塗ると二重になる」

オロナインで検索するとヒットするのが「二重」です。オロナインをまぶたに塗って、テープで貼って寝ると、翌朝目がパッチリするとか。これを毎日続けると1か月ぐらいで本当の二重みたいになるとか。「オロナインを塗って涙袋をつくる」という情報もありました。もっとも同じ検索ページでで「オロナインで二重は危険」という情報も目に入ってきますが、スゴイですね! 本当に驚きました。

二重になる理由として「オロナインの成分に発汗作用があり、毎日塗っているうちに、まぶたが痩せてくる」と説明している人がいます。まぶたが痩せてくる成分っていったい……?涙袋ができるという情報では、「オロナインを塗ると毛穴が開いて汗がたくさん出るので、目の下が痩せて涙袋ができる」というように説明されていました。

どうやら、この“発汗の作用”で二重になったり、涙袋ができたりするようなのです。さらには同じ原理でオロナインを鼻に塗ると毛穴が開いて、鼻の角栓が取れやすくなるという情報もあります。

しかし普通に考えて、痩せるほど毛穴が開いたら、それは危険以外のなにものでもありません。こうした口コミがネット上でひとり歩きするのは本当にコワイですね。発売元の大塚製薬からは「発汗成分は入っていません」ということです。

1 2
恋愛運 占い 不倫 セカンド アプリ キャリア 恋愛 恋愛講座 浮気事件簿 アラフォー 美人探偵 運勢 時短 浮気 アラサー 結婚 貧困女子 婚活 その1 金運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。