【その薬、本当に必要?】効き目の強い頭痛薬は逆効果?

【その薬、本当に必要?】効き目の強い頭痛薬は逆効果?

読者の中には頭痛薬を持ち歩き、1週間に3日以上飲んでいる人もいると思います。前回につづき、頭痛薬の飲み過ぎについてのお話をうかがいます。頭痛・生理痛の中でも特に「頭痛によく効く」と銘打った頭痛薬の注意点を聞いてみました。

よく効く薬は、効かなくなるのも早い

「頭痛によく効く」薬には有効成分が2つ以上入っているものが多いです。だれでも痛みを抱えているときに「こっちのほうがよく効きますよ」と言われれば、その薬に飛びつきたくなることでしょう。そこが要注意です!

どんなお薬でも飲みつづけていると、だんだん効き目が悪くなりますが、複数の薬剤が入った薬は、効き目も強いですが、耐性がつくのも早い。つまり効かなくなるのも早いのです。

“よく効く頭痛薬”を買うのは、慢性的な頭痛を抱えて、慢性的に頭痛薬(痛み止め)を飲んでいるヘビーユーザーが多いと思います。それまで飲んでいる薬が効かなくなってきたから、“よく効く頭痛薬”を買いたくなるのでしょう。その状態はすでに薬の飲み過ぎですから、病院へ行くことをおすすめします。

加えて心配なのは、そうしたヘビーユーザーでない人がいきなり“よく効く頭痛薬”から入ってしまうことです。いきなり強い薬を使うのは避けたいところ。どうしても頭痛薬が必要になったら、まずは有効成分が1種類の薬を選んだほうがいいでしょう。自分と薬の相性も見分けられます。

頭痛薬の飲み過ぎで頭痛になる

頭痛薬を常用している方にぜひ知ってほしい頭痛があります。「薬物乱用頭痛」です。頭痛薬の飲み過ぎが原因で発生する頭痛です。

頭痛薬は、痛みを発する物質(プロスタグランジンといいます)の分泌を抑えることで痛みを抑えます。しかしプロスタグランジンには、血行をよくする働きもあるのです。そのため頭痛薬を飲むと、血行が悪くなることになり、血行不良が頭痛を引き起こすことになるのです。つまり、

頭痛➡頭痛薬➡プロスタグランジンを抑える➡血行が悪くなる➡頭痛

という悪循環が起こります。これが薬物乱用頭痛の要因です。

先述したとおり、1週間に3回、1か月に10日以上飲んでいる人は、普通の頭痛とは言えません。すみやかに受診しましょう。

1 2
婚活 貧困女子 結婚 運勢 アプリ iPhone 時短 金運 美人探偵 不倫 恋愛運 恋愛講座 占い アラサー その1 セカンド アラフォー 浮気 浮気事件簿 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。