【その薬、本当に必要?】熱はないので休むほどではない……そんな症状に効く薬は?

【その薬、本当に必要?】熱はないので休むほどではない……そんな症状に効く薬は?

「熱は出ません。でも、のどがイガイガしたり、咳が止まらなかったり、鼻が詰まったり、そんな状態が続いています……」という悩みをもつ女性が少なくありません。熱が出るわけではなく、関節が痛むわけでもないので、たぶんかぜじゃないだろう……と思いつつ、なかなか治らない。どんな薬を飲んだらいいのでしょうか?宇多川先生に聞いてみました。

かぜ薬の熱用、のど用、鼻用の違いは何?

最近の市販のかぜ薬は「熱用」「のど用」「鼻用」など細分化されていて、「喉用」を飲めば喉が治るような気がしますよね。実際のところ、熱用、のど用、鼻用はどう違うのでしょうか?

結論を先に言いますと、多少、配合成分の違いはありますが、大きな違いはありません。

かぜ薬は「総合感冒薬」といって、かぜの諸症状に効くようにつくられた薬のこと。かぜの症状といえば、まず発熱。それからのどの痛み、咳、鼻水、鼻づまり、関節の痛みなどです。市販のかぜ薬には、どの症状にもそれなりに効くように成分配合されています。

ですから、「熱用」でも「のど用」でも「鼻用」でも、それが「かぜ薬」である以上、熱にも、のどの痛みにも、鼻水にも効くようにつくられています。まず、解熱鎮痛剤はどれにも入っています(代表的な成分はイブプロフェンやアセトアミノフェンなど)。のど用や鼻用と効き目を強調した薬は、これに加えて、のどに効く成分、鼻に効く成分が追加されたり、分量が多く配合されているということです。

1 2
恋愛 美人探偵 浮気 iPhone アラサー 浮気事件簿 時短 金運 貧困女子 恋愛運 運勢 セカンド 結婚 婚活 アラフォー 恋愛講座 占い 不倫 その1 アプリ
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。