【働きながら妊活しましょ】卵子凍結しておけば40歳でも安心、と思ってはいけない理由

【働きながら妊活しましょ】卵子凍結しておけば40歳でも安心、と思ってはいけない理由

「卵子凍結すればいつでも産める」とはかぎらない

卵子凍結の費用は高額です。クリニックによりますが、卵子の採取に50〜60万円、10年間保存すると、保管料が200万円ぐらいかかるところもあります。しかし、いざ解凍してその卵子を受精させて妊娠できるかといえば、現時点ではその成功率は不明です。あまりに高い投資ではないでしょうか?

20代で卵子凍結しておいたから40歳になっても産めるというのは過信です。一方で、精神的なお守りにはなるかもしれません。子どもは欲しいけれど、今はお相手がいない、妊娠できない事情を抱えている女性にとって、卵活によって気持ちが落ち着く効果はあるかもしれません。

成功率が不明にならざるをえない理由のひとつに、お相手の精子の状態があります。たとえば20代で卵子を凍結し、35歳でその卵子を使用して体外受精した場合、もちろんですが、お相手の精子の状態にも左右されます。以前なら男性はいくつでも妊娠可能な能力があると言われていましたが、やはり年齢と共に精子の受精能力も低下してくることがわかっています。その為お相手が40代であれば、やはり受精能力は相対的に低くなります。若いほうが受精率が高いのは精子も同じです。

卵活はひとつの手段ではあります。しかし、「卵子凍結しておけば、いつでも産める」わけではありません。まずは卵子凍結の正しい知識が大切です。

卵子凍結の成功率は?

賢人のまとめ

卵子凍結しておけば安心、いつでも産めるというのは過信です。今のところ、成功例は決して多くありません。お相手の年齢にも影響されます。まずは正しい知識を。

1 2

賢人プロフィール

妊活の賢人笛吹和代

働く女性の健康と妊活・不妊に関する学びの場「女性の身体塾」を主宰する「Woman Lifestage Support」代表。日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー。臨床検査技師でもある。化粧品メーカーの開発部に勤務中、29歳で結婚。30代で不妊治療を経て出産。治療のために退職した経験から、現在は不妊や妊活に悩む女性のための講座やカウンセリングを行なっている。

浮気事件簿 金運 美人探偵 恋愛運 iPhone セカンド アラフォー 派遣 時短 恋愛講座 浮気 アラサー 結婚 恋愛 アプリ 婚活 運勢 貧困女子 占い 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。