【働きながら妊活しましょ】しっかり食べたいタンパク質。おすすめの食材は?

【働きながら妊活しましょ】しっかり食べたいタンパク質。おすすめの食材は?

私はお魚好きでよく食べますが、お魚って意外と量が少ないんですよね。ブリの照り焼き定食を頼んでも、ブリの身はそんなに大きくないわけです。総量が少なければ当然ながらタンパク質量も少ない。といって、1回の食事で何匹もお魚を食べるかといったら、食べませんよね(笑)。

一方、お肉の場合は脂身の量に注意。特に豚バラや細切れは、けっこうな量が脂身です。牛丼屋の牛丼を見るとわかりやすいですが、牛肉の半分は脂身です。スーパーで豚バラ100g買うときも、そのうち半分が脂身だったら、タンパク質は豚肉50g分として計算しないといけません。

その点、私のおすすめのお肉は鶏肉です。比較的安価ですし、脂身も少なく、料理に使いやすいです。

出来合いのお総菜は塩分と糖分がやや多め

最近、スーパーのお総菜コーナーがどんどん充実してきていますね。きんぴら、ひじき、ニンジンサラダ、ゴボウサラダ、海藻サラダなどなど、どれもおいしいですよね。一人暮らしの方がきんぴらをつくろうと思ったら、材料を揃えるだけでひと苦労。スーパーのお総菜コーナーを上手に活用するといいと思います。

ただ、出来合いのお総菜は塩分と糖分がやや多めになっています。味付けが若干、濃いですよね。

私も忙しい時はお総菜を活用します。たとえば鶏肉の甘酢和え。その場合、カット野菜もいっしょに買って、夕飯のおかずにします。鶏肉のお総菜は味付けが濃いめなので、野菜には何もつけずに食べるなどしてバランスを取っています。

家庭のある女性は、夕飯のおかずに出来合いのお総菜を常用するのはちょっと……と思うかもしれませんが、時間や労力と栄養のバランスだと思います。きんぴらを食べたいけれど大変だから作らない……となるくらいなら、出来合いのきんぴらを買って食べたほうがいいと私は思います。

妊活中は栄養バランスの取れた食事も大切ですし、ストレスを軽減することも大切。働きながら妊活する方にとっては時間もすごく大切です。手間ヒマのかかる手づくり料理にこだわらず、お総菜を上手に活用して、時間と栄養バランスのいい食事、一挙両得しましょう。

スーパーのお総菜コーナーを上手に活用しましょう。

賢人のまとめ

妊活中は栄養バランスが大事。タンパク質も糖質も脂質も摂りましょう。タンパク質源としては脂身が少なくてリーズナブルな鶏肉がおすすめです。働きながらの妊活は時間の余裕が大事。出来合いのお総菜も活用しましょう。

1 2

賢人プロフィール

妊活の賢人笛吹和代

働く女性の健康と妊活・不妊に関する学びの場「女性の身体塾」を主宰する「Woman Lifestage Support」代表。日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー。臨床検査技師でもある。化粧品メーカーの開発部に勤務中、29歳で結婚。30代で不妊治療を経て出産。治療のために退職した経験から、現在は不妊や妊活に悩む女性のための講座やカウンセリングを行なっている。

恋愛 運勢 婚活 美人探偵 iPhone 浮気事件簿 不倫 金運 アプリ アラフォー 結婚 その1 時短 アラサー セカンド 恋愛運 浮気 占い 恋愛講座 貧困女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。