【働きながら妊活しましょ】妊娠検査薬で「フライング検査」をするときの注意点

【働きながら妊活しましょ】妊娠検査薬で「フライング検査」をするときの注意点

前回は排卵日予測検査薬の注意点をお伝えしました。今回は妊娠検査薬の注意点です。SNS上では「フライング検査」が当たり前のように発信されているのですが、これってどういうことなのでしょうか?笛吹和代さんに聞きました。

胎嚢が確認できるのは5週目以降

生理予定日の1週間後から使える妊娠検査薬が多いのですが、みなさん、待ちきれない。つい早めに使ってしまう。それが「フライング検査」です。たしかにインターネット上には、妊娠検査薬が何日前からフライングするとかしないとかいう情報が散見されます。

妊娠検査薬は、妊娠初期に受精卵から分泌されるHCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)を感知することで妊娠を判断します。妊娠すると尿中にHCGが出てくるのでこれでわかるのです。

HCGは受精卵が着床して間もなく分泌が始まります。ですから、生理予定日の初日に検査しても陽性が出ることは、理論上はアリです。それゆえ、フライング検査が広まっているわけです。

ではなぜ生理予定日(この予定日とは生理開始日のこと)の1週間後とされているのでしょうか。

理由は、生理予定日ではHCGの量が十分ではなく陽性とならない場合があることや、妊娠後、エコー検査で胎嚢が確認できるのは5週目以降になることからです。胎嚢とは胎児を包む袋のこと。ですから、フライング検査で陽性反応が出て、急いで病院に行って検査しても、おそらく胎嚢は確認できません。このあたりも個人差があります。5週目以降に妊娠検査薬で陽性が出て病院で調べたけれど、まだ胎嚢が確認できない、ということもあり得ます。5週目というのは、胎嚢が確認できるかできないか、ぎりぎりのところなのです。

フライング検査で早々に陽性反応が出たとしても、それが確かかどうかは早くても1週間は待たなくてはなりません。

1 2
不倫 浮気 セカンド アラサー 結婚 運勢 金運 恋愛 アラフォー 美人探偵 時短 iPhone アプリ 婚活 その1 恋愛運 貧困女子 恋愛講座 浮気事件簿 占い
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。