【働きながら妊活しましょ】初めての不妊治療クリニック選びの注意点

【働きながら妊活しましょ】初めての不妊治療クリニック選びの注意点

いよいよ不妊治療を決心。でも、どんなクリニックに通えばいいのか?悩ましいですよね。初めての不妊治療。内科や歯科と違って、近くにたくさんあるわけでもないでしょう。何を優先して選べばいいのでしょうか?また自分に合ったクリニックなのかどうかはそこを見ればいいのでしょうか?不妊カウンセラーの笛吹和代さんに、不妊クリニックの選び方を教えてもらいました。

ベストは産婦人科より不妊治療専門クリニック

不妊治療にはガイドラインがありません。どんな治療を行なうのかは、そのクリニックの医師の知識と技量に左右されることになります。それだけに経験と腕の確かな医師のいるクリニックを選びたいもの。やはりベストチョイスは不妊治療専門のクリニックです。

産婦人科でも不妊治療を行なっている先生はいます。しかし多くの産婦人科医にとって、専門分野はやはり妊婦さんの診察、治療です。不妊治療の専門医と比較すれば知識の面で、どうしても差が出ます。不妊治療の方法や技術はどんどん進歩しています。専門医でなければ、新しい情報が十分に集めきれない、アップデートできないきらいがあります。

産婦人科に通院するときの注意点

産婦人科でも不妊治療専門の科を併設しているクリニックなら、その点の心配はないでしょう。気をつけたいのは待合室のこと。産婦人科と共通になる場合があるということです。

午前中は不妊専門科、午後は産婦人科などと、診療時間を分けているクリニックならいいのですが、そうでなければ妊婦さんと同じ部屋で待つことになります。

もう1つの注意点は、子どもを連れて受診できるかどうかということです。私が通っていたクリニックは最初のお子さんを連れた「2人目不妊」さんも通っていました。ただ、最近の不妊治療専門クリニックでは、お子さまづれの2人目不妊さんはお断りするところも増えているようですね。

実は2人目不妊さんの悩みの1つが不妊クリニックへの通院だそうです。身近にお子さんを預かってくれるご両親がいたり、一時保育を利用できる環境にあればいいのですが…みなさんがそうとは限りません。1人目を体外受精で出産した場合、多くの方は2人目も体外受精になります。そうなった時に預け先がないのに子連れで受診できないクリニックで困ります。2人以上お子さんが欲しい場合はそういう点も考慮してクリニックを選ぶ必要があるでしょう。

1 2
アラフォー 運勢 その1 アプリ 金運 恋愛講座 アラサー iPhone 恋愛運 浮気事件簿 セカンド 貧困女子 占い 恋愛 不倫 婚活 結婚 浮気 時短 美人探偵
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。