【働きながら妊活しましょ】増加している“妊活うつ”、予防策はあるの?

【働きながら妊活しましょ】増加している“妊活うつ”、予防策はあるの?

仕事と妊活の両立、家庭と妊活の両立、それぞれに工夫が必要です。がんばりすぎてしまうがゆえに、ストレスを抱えてしまう人も少なくないようです。最近、“妊活うつ”という言葉も聞かれます。いったいどんな状況なのでしょうか。認定不妊カウンセラーの笛吹和代さんに聞きました。

妊活そのものがストレスになる

休職制度もない会社で、だれにも相談できず、だんだん追い詰められて退職してしまうケースは少なくありません。最近は“妊活うつ”という言葉も聞かれるようになりました。実際、妊活そのものがストレスになります。

よく聞くのが、会社で加入している健康保険を利用した休職制度で半年ほど休み、そのままフェイドアウトで退職するというパターンです。病気やケガで仕事ができないとき、勤務状態によって期間が異なりますが、傷病手当金が支払われます。もちろん、うつ症状でも医師の診断があれば、適用されます。不妊治療向けの休職制度はなくても、健康保険の休職制度は使えるということです。本人にとっても、また制度面からも決して本意の利用法ではないでしょう。

みなさんは昨年放映されたドラマ『隣の家族は青く見える』をご覧になりましたか?働きながら不妊治療をしていた妻(深田恭子)が、子どもが授からず、最終的には家を飛び出し、どうやら実家に戻って実家の近くの支店に転勤したようなのですが……このあたりはドラマだなぁと思いましたが……妻が妊活も夫も家庭も嫌になってバーンアウトしてしまいます。最終的には夫が迎えに行って夫の元に戻るという内容だったのですが、結果的に不妊治療はやめてしまうという内容でした。

私が不妊カウンセラーとして活動しているのは、女性にバーンアウトしないでほしいからです。

1 2
運勢 美人探偵 セカンド 金運 浮気 アラフォー 恋愛 婚活 その1 時短 アプリ 占い 恋愛講座 アラサー 不倫 浮気事件簿 貧困女子 恋愛運 結婚 iPhone
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。