【働きながら妊活しましょ】日本の「着床前診断」はどうなっている?

【働きながら妊活しましょ】日本の「着床前診断」はどうなっている?

「着床前診断」という言葉を聞いたことがありますか?不妊治療を続ける中で、自身の体質や遺伝子に問題があるのでは?と不安になる人も少なくありません。今回は少しディープな話題。「着床前診断」とは何か、認定妊活カウンセラーの笛吹和代さんにうかがいます。

着床前診断で何がわかるの?

着床前診断とは、体外受精や顕微授精で受精させてできた受精卵の胚(受精卵が成長して複数の細胞に分裂したもの)の卵子の一部を、子宮に着床する前に検査し、染色体や遺伝子に異常がないか検査することです。診断の結果、異常がない可能性の高い胚だけを子宮に戻します。

この検査、診断を行なう意味は、「事前にわかっている特定の病気にかかっていない子どもを産む」ことや「次の妊娠で流産の割合を減らす」ことが挙げられます。

1990年ごろから始まった診断法で、日本では2004年から始まりました。といっても、日本で認められているのは、あくまで治療の一環として。たとえば重い遺伝性の病気が子に遺伝する可能性がある人や、染色体転座に起因する流産を繰り返しているといった場合のみです。こうした状況にない、純粋な検査法としては認められていません。倫理的な面や医療技術的にまだクリアできていない問題がある、というのが日本産婦人科学会の見解です。

つまり、日本では着床前診断はまだ一般的な検査法ではありません。

現在、日本で着床前診断を受けるには、日本産婦人科学会に申請して審査を受ける必要があります。認可された場合だけ受けられます。どのクリニックでも受けられる検査ではありません。

ただ、現状では日本の不妊治療にガイドラインがなく、したがってどういう状態なら着床前診断を受けられるかの基準もわかりにくいものです。そのため一般の不妊治療を行っている人が着床前診断を受けることはかなりむずかしいのが現状です。

1 2
アラフォー 浮気事件簿 結婚 キャリア 運勢 貧困女子 セカンド 時短 アラサー 恋愛 恋愛運 アプリ 金運 不倫 婚活 浮気 恋愛講座 その1 美人探偵 占い
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。