【働きながら妊活しましょ】夫に原因があった場合の不妊治療乗り越えポイント

【働きながら妊活しましょ】夫に原因があった場合の不妊治療乗り越えポイント

仕事と妊活の両立を目指す堅実女子を応援する妊活診断。前回は男性の不妊検査のファーストステップについてお伝えしましたが、男性側に不妊の原因があった場合の不妊治療はどうすればいいでしょうか。認定不妊アドバイザーの笛吹和代さんからのアドバイスをいただきます。

男性不妊がからんだ場合の注意点

男性の不妊検査とは精液検査のことです。その検査を行なっている泌尿器科か、男性不妊も扱っている不妊クリニックで受けることをおすすめします。泌尿器科の場合、事前に検査を行なっているかどうか、確認したほうがいいでしょう。

検査の結果、男性側に原因があった場合の不妊治療は、少々複雑になってきます。夫婦ともに治療を受けるなら、男性不妊を扱っている不妊クリニックに通うのがベストです。しかし都心はともかく、地方になると男性不妊も扱っているクリニックは限られます。

ほとんど精子がいないとか、動いていない、乏精子症という場合。ホルモン剤を注射する治療法もありますが、必ずしも結果が伴うわけではありません。妻の年齢によっては、夫婦同時進行で不妊治療を進める。妻が30代後半の場合、一気に体外受精にという考え方もあります。

また、夫が精索静脈瘤である場合は、すみやかに泌尿器科で治療を受ける必要があります。精索静脈瘤が男性不妊の原因になっていることは少なくありません。しかし自覚症状がない人も多い。そのため、はじめに検査を受けたクリニックが男性不妊に詳しくなかった場合、精索静脈瘤の可能性を見過ごし、そのまま不妊治療を進めてしまうケースもあり得ます。状態の悪い精子で顕微授精をしてもうまくいきません。とりあえず受精はしますが、その後、胚分割もせず、育ちません。お金と時間のロスです。

このようなことが起きてしまうのは、男性側の原因による不妊への知識不足、技術不足が大きいと思います。たとえばクリニックで顕微授精を数回行ってうまくいかなければ、医師から「今後の治療はどうされますか?」と告げられてしまうのです。あとは夫婦に判断が委ねられます。

1 2
結婚 浮気事件簿 占い 時短 婚活 恋愛運 キャリア アラサー 金運 アラフォー アプリ 運勢 その1 恋愛講座 浮気 恋愛 貧困女子 セカンド 不倫 美人探偵
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。