【働きながら妊活しましょ】不妊治療終了後のメンタルヘルスを考える

【働きながら妊活しましょ】不妊治療終了後のメンタルヘルスを考える

きびしい話になりますが、不妊治療を受けても授からないこともあります。治療を断念せざるを得ないカップルもいます。最近、「妊活うつ」という言葉が聞かれますが、不妊治療中や不妊治療後に気分が落ち込んでしまうのは決してめずらしいことではないようです。治療後のメンタルヘルスについて、認定不妊カウンセラーの笛吹和代さんと考えていきます。

治療後の落ち込みはめずらしいことではない

不妊治療に足を踏み入れた時点で、多かれ少なかれストレスとのつきあいが始まっています。不妊治療そのものがストレス因子といっても、過言ではありません。

多くの人は、はじめはタイミング法からスタートし、そこまで深刻に考えずに不妊治療が始まります。不妊治療さえすれば、すぐにでも授かるだろうと思っている人も少なくありません。人によりますが、一般的にはそれが半年から1年ほど続きます。その間に、徐々にやはり授かれないのでは?と不安が増していく人もいます。その後、人工授精、体外受精へと進みますが、このステップアップのたびに、ストレスの度合いも上がっていくことでしょう。

体外受精を1〜3回まで受けると、一般的には1年から1年半かかります。この間は不妊治療にどっぷり専念、いわばハマッているような状態です。メンタルに影響が出たとしても不思議ではありませんね。私自身の経験から、個人的には、治療にどっぷり専念するのは1年、長くても2年ぐらいが限度ではないかと思っています。

みなさんにお伝えしたいのは、治療後に気分が落ち込むのは決してめずらしいことでも、ましてや異常なことでもないということです。もちろん個人差はあります。その人の人生観や人生計画によって、かなり大きな差が出るようです。

1 2
キャリア 仕事運 その1 浮気 セカンド 美人探偵 浮気事件簿 金運 恋愛講座 占い アラフォー アプリ 不倫 恋愛 貧困女子 運勢 婚活 結婚 恋愛運 アラサー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。