【働きながら妊活しましょ】不妊治療に理解の薄〜い上司に当たってしまったらどうする?

【働きながら妊活しましょ】不妊治療に理解の薄〜い上司に当たってしまったらどうする?

前回、上司に妊活中の相談する際の注意点をお話ししましたが、どうしても上司の理解が得られない場合は、どうしたらよいでしょうか?

上司の上司か人事部に相談してみよう

職場の理解を得ることは妊活の成否、ひいては妊娠の成否に関わってくる重要なポイントです。厚生労働省が行なった「不妊治療と仕事の両立」についての調査では、仕事と両立できず退職もしくは雇用形態を変更した人が24%、不妊治療をやめた人が11%いました。

直属の上司がどうしても理解してくれない場合。会社の形態や規模によりますが、人事部があるなら、そこに直接、相談するといいでしょう。なかには妊活向けの相談窓口をもうけている企業もあります。なるべく客観的に話せる部署や担当者を見つけましょう。

その点、人事部が独立していない中小企業のほうが対応はむずかしいかもしれませんね。

働きながら不妊治療を行なっている人に、知っておいてほしいのが、厚生労働省がつくった「不妊治療連絡カード」です。

医師から事業主への連絡カードで、現在不妊治療中を行っていること、配慮が必要な場合はその旨が記載されます。医師のサインと押印があり、いわば診断書のようなものです。不妊治療中なので休日はしっかり必要であるとか、残業は避けてほしいといったことが、医師から要望される対策として記されるわけです。

カード自体に法的な強制力はありませんが、会社の人に協力をお願いする上で、携えておくのは有効だと思います。

それでもどうしても会社の理解が得られない、あるいはあなたの要望に対応してもらえないという場合。ケースバイケースなので、一概にどうとは言えませんが、覚えておいていただきたいのは、もしあなたが社員であるなら、会社はあなたの不妊治療にまつわる業務内容の変更などを理由に解雇することはできないということです。

もしあなたが望まない業務変更や解雇をちらつかされた時は、まずは落ち着いて、社内に相談できる部署や人がいないか確認しましょう。たとえば、人事部やそれに類する担当部署です。

また、直属の上司と話がこじれてしまったような状況では、上司の上司に話してみることをおすすめします。

1 2
運勢 時短 セカンド 金運 派遣 iPhone 浮気事件簿 占い 恋愛 恋愛運 アプリ アラフォー 美人探偵 恋愛講座 結婚 婚活 浮気 アラサー 貧困女子 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。