SPF値やPA値の高い日焼け止めは肌に対するダメージも大きいと聞いたのですが、本当ですか?

SPF値やPA値の高い日焼け止めは肌に対するダメージも大きいと聞いたのですが、本当ですか?

ASPF値やPA値が高いと、その分、肌への負担は増えます。一方、紫外線をしっかりカットしないと、日焼けによる肌ダメージが増えてしまいます。肌の劣化やトラブルは、紫外線による影響が80%を占めると言われているため、状況に合わせて日焼け止めを使い分けることが大切です。

1.なぜ日焼け止めが肌に負担になるのか?

日焼け止めは紫外線を肌から守ってくれる一方で、肌の負担になってしまう場合があります。では、どのような負担がかかるのでしょうか。それは、日焼け止めの種類によって異なります。日焼け止めに含まれる紫外線防御成分には2種類あり、それぞれ異なる方法で肌を紫外線から守っています。

その1つが紫外線吸収剤。
「メトキシケイ皮酸エチルヘキシル」や「t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン」といった紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して別の光や熱などのエネルギーに変えて放出することで、肌を紫外線から守ります。人によっては、この熱エネルギーに反応して肌がかぶれ、赤くなってしまうことがあります。そのような症状が現れた場合は使用をやめ、紫外線吸収剤の入っていないノンケミカル処方の日焼け止めを選ぶようにしましょう。

敏感肌の方におすすめのノンケミカル処方の日焼け止め
紫外線吸収剤が配合されていない

キュレル UVミルク

キュレル 日焼け止めミルク

NOV UVミルク

ノブミルク

もう1つが、紫外線錯乱剤。
「酸化チタン」や「酸化亜鉛」といった紫外線錯乱剤は、紫外線を反射させることで、肌を紫外線から守ります。紫外線錯乱剤は、皮脂を吸収するはたらきを持つため、乾燥によるカサつきを感じる場合があります。そのため、乾燥肌の人は事前に化粧水や乳液などでしっかりと保湿しておくことが大切です。あまり外出することがなく、軽い紫外線カット効果があれば十分な方は紫外線散乱剤の入っていない紫外線吸収剤を中心に作られた日焼け止めがおすすめです。

乾燥肌の方や紫外線をあまり浴びない方におすすめの日焼け止め
紫外線散乱剤が配合されていない

ビオレ さらさらUV アクアリッチウォータリーエッセンス SPF50+

ビオレUV

 

ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF50 +

ニベアUVジェル

 

2つの紫外線カット剤について、どのような点が肌に負担になるかを解説し、どちらかを避けたい方向けにそれぞれが入っていない日焼け止めを紹介しました。

ただ、最もしっかり紫外線をカットするには、この2つを組み合わせることが最も効果的だと言われています。
紫外線カット効果を重視する方は、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の両方がバランスよく配合されているものがおすすめです。

 

しっかり紫外線をカットしたい人の日焼け止め
(紫外線吸収剤も紫外線散乱剤も両方が配合されている

アネッサ パーフェクトエッセンスサンスクリーンa+n

 アネッサ パーフェクトエッセンスサンスクリーンa+n

ALLIE エクストラUVジェル (ミネラルモイスト)N

ALLIE(アリィー) エクストラUVジェル (ミネラルモイスト)N

1 2
キャリア アラフォー アプリ 結婚 婚活 セカンド その1 恋愛講座 恋愛運 美人探偵 浮気 運勢 時短 占い 不倫 恋愛 貧困女子 浮気事件簿 金運 アラサー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。