忙しくてダイエットために20分以上有酸素運動する時間がありません。やっぱり痩せるためにはジョギングなど20分以上続けた方がいいですよね?

忙しくてダイエットために20分以上有酸素運動する時間がありません。やっぱり痩せるためにはジョギングなど20分以上続けた方がいいですよね?

A脂肪を燃やすために20分以上の運動・・・は大きな間違い!

catch_icn_a03「ダイエットには20分以上のウォーキングやヨガなどの有酸素運動を続けないと、脂肪は燃えない」と思われている方も多くいらっしゃるかもしれませんですが最新の研究では、血液中には常に脂肪と糖と両方あり、そのため短時間の運動でもしっかり行えば糖も脂肪もどちらも消費されると結果がでています。つまり実際20分以上有酸素運動を続けなくても脂肪は燃焼されはじめます。

5~10分の短い運動と20分の運動のカロリー消費量は同じ

脂肪を消費したい場合、少しずつでもいいからより多く運動をすることが重要。また、まとまった時間を確保して運動するということを重要視するよりも、日常の活動量を増やし、5~10分の短い運動を何度か分けて行う方が効果的です。たとえば自転車に乗るところを徒歩に変えるなど、なるべく階段を利用するなど、日常生活の中でも筋肉アップにつなげましょう。

無酸素運動→有酸素運動の順で効率UP

最近の研究では「無酸素運動で筋肉に負荷をかけてから有酸素運動を行う方が、脂肪が燃えやすい」という結果が出ています。無酸素運動とはダンベルを使ったウエイトトレーニングなどに代表される、「時間は短いがきつい運動」のこと。これは成長ホルモンが大量に分泌されます。成長ホルモンは身体についた脂肪を遊離脂肪酸として血中に放出し、脂肪をエネルギーとして消費されやすくしてくれるのです。この状態で無酸素運動より脂肪の燃えやすい有酸素運動を行うことで、より効率的に脂肪が燃焼できるようになります。

有酸素運動の前に5~10分程度の筋力トレーニングを行うことで、さらに効率的に脂肪の消費につながります。

ちなみに、有酸素運動→無酸素運動の順番では、むしろ成長ホルモンの分泌は抑制されてしまいます。燃焼効果がないとは言いませんが、効率的ではありません。

賢人のまとめ

いつもの有酸素運動に無酸素運動を追加することで効率的に脂肪を燃やしましょう。 忙しければ、日常生活で行える簡単な運動でも十分にダイエットにつながります!

賢人プロフィール

オフィス美容の賢人小西さやか

コスメコンシェルジュ。化粧品の研究や開発に携わってきたスペシャリスト。
現在は、一般社団法人日本化粧品検定協会を設立。
代表理事として、美容コラムの執筆、日本流行色の選定、メイクアップトレンドカラー本の監修を行なっている。
著書に『レディのルール』『コスメのプロが毎朝、実践する 1分メイク& 1分スキンケア』など。
小西さやかオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/panntyann1/
「日本化粧品検定」HP:http://www.cosme-ken.org/

恋愛 アラサー 浮気事件簿 貧困女子 恋愛講座 運勢 恋愛運 キャリア アプリ 浮気 婚活 時短 セカンド その1 結婚 アラフォー 金運 占い 不倫 美人探偵
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。